YuTakenouchi/竹之内悠

This is Blog of cyclist, Japanese YuTakenouchi. Roadrace. Cyclecross.MountainBikeXCO 自転車選手、竹之内悠のBlogです。

2017 Japan national championships, Road race

お久しぶりのブログ更新です。
この一ヶ月ほどは、
上海に行ったり、ベルギーに行ってたり、と何かとさせてもらってました。

ベルギーでは、ロードレースを1レース走りましたが、
病み上がりであまり走れなく、おまけに持っていっていた
ディスクブレーキロードがアマチュアレースでは使えないとわかり、
滞在中の2週間はレースせずに全日本ロードに向けたトレーニングをしていました。
クロスシーズンでお世話になってる人へ会いに行ったり、今シーズンのクロスに向けた環境を整え、
スケジュールの確認をメカニックと調整、その他諸々、、、していたら、
何かと忙しく、滞在期間のわりに、とても濃い時間を過ごし、2週間がとても長く感じました。
レースのない滞在で緊張感がないからなのか、よくわからなかったけど、
なにか特別な時間に感じました。

20170627134746366.jpg

帰国して、1週間後が全日本。
春から乗り込んできたディスクロードバイクが全日本選手権で使用不可とのことで
全日本の5日前に新しいキャリパーブレーキ仕様バイクが出来上がり、乗り換える。

2017062715075753f.jpg

やっぱり良いバイクは第一印象がいい。
手にとってシェイクダウンしたその時から、いい子なバイクだった。
今までの東洋フレームのロードバイクの中でピカイチ。

バイクも乗り換え、いざ全日本へ。
場所は青森なので移動が大変。
スタッフもレース直近でしか動けないので、
金曜日に会場入りし、その日のうちにコースを頭に入れるために4周をまぁまぁのペースで走り、
コースを覚え、土曜日は金曜日の移動と試走のリカバリー。
そして、日曜日、レース。

2017062716071774a.jpg

金曜日の試走中、
FastFowardのホイールをF4RかF3Rかで試し、
空気圧も6-7barで調整。
どの組み合わせが一番快適かつ速く走れるかをメカニックと話し合った。
結果としては、F3R、クリンチャー仕様しかないので、
25cのチャレンジタイヤをチョイスして、空気圧は7barで走ることにした。

さて、レースにおいて、
各チームとの温度差は理解しているし、僕は単独チームでレースを走る上でなにもない。
レースの展開に混じれれるように落ち着いて走ろうと思っていたけれど、
コースの登坂量と日本のレーススタイルを考えるとレース完走すら難しいのはよくわかっていた。
今年は例年より登坂のトレーニングを重ねてきたけれど、自分の今の力量が足りないのは承知しているし、
距離のトレーニングも足りていなかった。
あとはレース中の自分の頑張りでカバーするしかなかった。
とはいえ、今年3度目のロードレース。
ま、走れるだけ走る気ではいた。

20170627135045523.jpg

コースは主に登坂箇所が二箇所。
はじめの登りは傾斜が緩く、だらだら。
二箇所目は傾斜がきつい。

2017062713504755b.jpg

さて、レース。
スタートして、登坂が不安な僕はみんなの邪魔をしない程度の集団前方で走る。
遠慮しているわけではないけどね。
意外と調子も良く、スイスイと登れて、周りと比べても、自分の登坂もそこまで悪くないなぁと感じた。
ま、1周目の話。
そして、二箇所目の登りへ入る前の急な下りでスピードは60キロほど?で落車が発生。
集団前から20番手ほどで落車が発生。
3人ほど前のアンカーの選手が右コーナーを曲がりきれず、コース左手の土手に突っ込んだ。
まだそれだけならよくて、ぼくは咄嗟にコース右端まで避ける。
なんとか回避したかなと思ったけど、土手に突っ込んだ選手のバイクがコース右手まで飛んできて、
前を走っていた別のアンカーの選手にそのバイクがあたり、前の選手も落車。
あぁ。これヤバい流れ。と、頭の中で理解し、生き延びる道筋を考える。
制動力いっぱい使って止まろうにもスピードがスピードで止まらないし、後ろからは落車の嵐で僕のバイクに選手が突っ込んでくる。
前はアンカーのコケた選手とそのバイクが滑っている。
後ろから当たられ、一瞬バランスを崩し、コケる?俺もコケる?と一瞬諦めかけたけど、
フルブレーキしている間に前を滑ってるバイクが少し左によれて、選手もいい具合に滑ったので、
右ギリギリの縁石脇にバイクを滑り込ませ、
前を滑るバイクに自分のバイクを当てて滑るバイクの軌道変えつつ少し踏んで、
後ろから落車しながら当たってくる他の選手の衝撃にも耐え、、
なんとか通過。ギリギリのパツパツ。
この落車、前を滑っていた選手も含め、スピードがスピードで、みんな骨をやったみたい。。。
あれは痛そうやったもんね、少し踏んでごめんね

さて、落車すり抜け第一号選手だったので、落車で集団が割れ、集団前方の20人ほどをキャッチしなきゃいけず、
2本目の傾斜のきつい登りで集団を単独でキャッチ。
でも、僕にはそのアクションがなかなかキツく、1周目はくたくただった。

ま、このレースの僕の中でのトップニュースはその程度。
そのあとはただ走ってただけ。

20170627134549998.jpg

レースは色々と動くけど、決定的な動きは少なく、
レース終盤にまでレースの動きがかかりそうだった。
僕はその動きがあるところまでいれる自信がなく、とりあえず大人しく、
レースの距離を消化していくのを待った。
やはり、マウンテンバイクばかりしているし、マウンテンバイクのレース時間、
1時間半を過ぎたあたりで一度集中力が切れ、2時間過ぎるまでがとても長く感じた。
補給を多く取り、体力を温存させる。

201706271345510d7.jpg

そのあとはまた集中していくも、
3時間あたりから脚が痙攣し始め、痙攣しても我慢して、補給やなんやでごまかして走ったけど、
4時間あたりで遂にもうダメ。
というか、これ以上筋肉に無理すると少し嫌な気がして、メイン集団から遅れる。悔しいけど。
グルペットを形成したかったけど、残り4か5周ほどあり、
長い道のりだなと思った。
来年の全日本選手権の出場権が欲しかったし、完走したかったけど、難しそうだった。
集団から遅れてくる選手はみんなロード的お仕事を終えた選手で疲れ果てて、
僕みたいにゴールを目指す人は少なく感じた。
まぁ、そこそこのペースで走り、ラスト2,3周?でレースをおろされた。
そりゃそうよね。

何はともあれ、結果は完走してないしDNF扱いだけど、全体では35位ほどでゴール。
僕としては、このコースにしては頑張れたなと思った。
意外と登れるようになってたのも嬉しかった。全体としては悪くないなぁ。
この一ヶ月ほどの取り組みで得た成果と、今回のレースで足りない点はわかったし、
自分が今の環境でロードを走れるようになるための道筋が見えた。

2017062713474416e.jpg

ま、そもそも、もっとロードレースをこなさなきゃいけないけど、
その割にまだレースにくっついていけたし、レースをこなせば、そこからまたレースの動きに絡んでいける。
今回は何もしてないし、ただ集団にいて、ちぎれただけ。
トレーニングの配分、レースの取り組み方を
シクロクロス、マウンテンバイク、ロードレース、この3つとの付き合い方が改めて見えてきた。

結果はともかく、今回の全日本選手権に出させてもらってよかった。
レースに関わってくださった関係者の皆様、東洋フレームのみんな、
そして、沿道から、竹之内悠がんばれ!と名指しで応援してくださった皆様、
ありがとうございました。
来年のロードレースも楽しみです。
またよろしくお願いします。

次は来月のマウンテンバイクの全日本に向けて頑張ります。
わくわく〜

スポンサーサイト
  1. 2017/06/27(火) 13:57:25|
  2. Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Seiwa Taki international race UCI3

先週末は三重県でUCI3クラスのレース。
東洋フレームからマウンテンバイクのプロトタイプがレース3日前にでき、
塗装もクロームのみで、カーボンはヌードのまま。
とりあえず、レースで使用し、フレームのチェックをする必要があったので、
フレームをポジションや扱い方も含め、メカニックと共に走れる状態にして、レースに挑んだ。

まぁ大体のことはクロスで慣れているので、
要所だけおさえればあとはバイクを素直に走らせるだけ。
細かいポジションはつめれないけど、
新しいフレームの乗り味でカバー。

20170524172819457.jpg

レース前日の試走はいつも通り1時間半みっちりと。
コースが初めてだったので一周目は色々と確認したけど、
二周目からは快適に走れた。
とりあえずレースと同じ時間はバイクをコース上で走らせ、
なにかエラーが出るならそれ早期に発見する必要があった。
コースもドロップオフなど、バイクに負担がかかるセクションがあったので
僕的にはラッキーだった。
前日の試走は何事もなく終え、レース当日に備える。

201705241728292bb.jpg

レース当日、天気も良く、気温が上がる。
補給が重要になるので、スタッフとちょちょいと話し合い。
フィードが二箇所に分かれているけど、
メカニックはその二箇所を毎周ごとに移動してくれることになった。
ありがたい。

201705241728277f1.jpg

タイヤはIRCタイヤのG-clow、空気圧は1.5Bar。
ドライの日はやっぱこれ。もう少しサイドグリップが欲しいけど、
乗り心地と転がりの軽さはやっぱ良い。

レースがスタートし、
まぁ焦らず、そこそこのところでレースを進める。
一周目は6-8位ほど。
そこから変わらずその辺りの順位を行ったり来たり。
コンスタントに走り続け、最後は5位でゴール。
途中、ペースが下がり始めた時に補給がうまくカラダに受け付けない感覚があった。
どうにかせねば。
苦手意識のある暑いレースでトラブルなく終えれたのは良かった。
やっぱり登坂が遅い。
そこだけ。
なんとなく良くはなってるし、この調子でいく。
レース終盤もまぁ少しは走れるようになった。

20170524172818738.jpg

バイクもレース中にトラブルなく、快適だった。
細かいことはフィードバックしていく、
だけど、まだプロトタイプ。煮詰めればかなり速いバイクになると思う。

UCIポイント獲得圏内でゴールできたのは良かった。
ただなんだか、、、
歯がゆい。もっと攻めて走りたい。
練習するしかないなぁ、がんばる。

20170524172827562.jpg

もっと良いレースをお見せできるように頑張りますね、
今回もたくさんの応援ありがとうございました。

このレースで一度、マウンテンバイクはお休み、
今から一ヶ月ほどロードに打ち込みます。

では。
  1. 2017/05/24(水) 17:37:13|
  2. Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CoupeDeJapon MTB XCO #Takashima

今季3レース目。
毎レースに発見があり、反省があり、
それを修正していくと同時にパフォーマンスに繋げようと
なんだかんだやっています。

今回のレースはもっと走れると思ってスタートしたし、
トレーニングの状況もそこまで悪くはなかった。
けど、スタートと同時に周りに比べ遅い自分がいて、不調だとわかった。

20170509141619af6.jpg

さて、前日の試走のタイミングでは、大きなトラブルもなく、
僕はコースに慣れるために、試走を重ねる。
去年もそうだったけど、今年も1時間半ほど走らないと気が済まない。
翌日にレースを控えた状態なら1時間以内のライド時間で収めないと、
体力的には明らかにオーバーワーク。
でも、どこか気が済まない。
難しいセクションやパートごとに止まってトレーニングってのもありだし、
何度かはするけど、コースを一周の流れとして捉えたいから、
どうしても何周もしたくなる。クロスの癖かな。
もう少し効率的にするようにしようと毎レース思うけど、
気が済まないからずっと走る。
ま、今はいいか。

前日の試走を今回は気持ちよく終えれた。

20170509141621e40.jpg

さて、レース当日。
天候は前日と変わらず晴れで雨は降らず、ドライ。

タイヤはDugastで1.5Bar。
予備はIRCタイヤのG-clowで1.5Bar。

ウォームアップなどを済ませ、スタート。
スタートして初めの一漕ぎ目でヤバイと感じた。
進まない。とにかく一周目を回るけど、
とにかく遅い。
脚を回せず、踏んでばかり。
どうにもこうにもならない。
登坂セクションが長いコースなだけに、ごまかせない。
登りの遅さをカバーするために、下りはできるだけ攻めてアドバンテージを作るようにする。
でも、雑になりすぎて、レースの半分を過ぎたあたりでリアタイヤをパンクさせてしまう。
パンクしたタイミングで走ってた順位は14番ほど?
勝負に絡めない位置だったので、リアホイルのみ交換して前後のタイヤが違う種類で走らず、
時間はかかるけど、スタッフに頼んで前後ともIRCタイヤ付きホイールにチェンジ。

20170509141621188.jpg

チューブレスになり、良くも悪くも雑に走ってもいいという安心感があり、
そこからは少しペースが復活。
って言っても、走れてない状況は最後まで変わらず、
13位でゴール。

2017050914162440d.jpg

なんだか空振りなレースをした。
カラダが調子悪いと、
バイクの調子も悪く、パンク以外にもフロントメカのご機嫌も斜めで
その他にも少しトラブルを抱えつつ走り、
終始なんだかなーと思いつつ走ってました。

20170509141623e22.jpg

まぁ、トラブルもUCIレースでないレースで起きてくれてよかったし、対策もできる。
カラダの調子もトレーニングとその回復具合をしっかり見極めないとと思った。
反省点盛り沢山で得るものがあったレースでした。

20170509142122547.jpg

でも、応援して頂いてた皆さんにはなんとも申し訳ないレースをしてしまいました。
応援ありがとうございました。。。

次回はもっと速いので、、お楽しみに!
では!



  1. 2017/05/09(火) 14:24:37|
  2. Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Yawatahama International Mountainbike race UCI1

4/23は八幡浜国際マウンテンバイクレースUCI1クラス
兼 アジアマウンテンバイクシリーズ第1戦でした。

UCI1クラスのレース、八幡浜市、すごいです。

さて、僕は金曜日夜に現地入りし、
土曜日は試走。
日曜日がレース。

20170424113524257.jpg

大きなトラブルもなく、土曜日の試走を開始。
2週間前の菖蒲谷のレース後、
疲労やなんだかんだがあり、いい形でのトレーニングを積めておらず、
更にはポジションの変更、バイクの仕様変更行い、
いつもの如く、ほぼぶっつけ本番。いつもの流れ。
って言っても、ある程度の予想と流れは把握しているのであとは自分次第。
バイクを思い通りに動かせるか。
動かせないなら、バイクに変更を加えるのか、自分に変更を加えるのか。
どちらが速いか、どちらが今は遅くてもこれから慣れれば速くなる見込みがあるのか。

20170424113340627.jpg

サスペンションも色々あったけど
ブースト規格の2017モデルを使用させていただき、セッティングの最終調整。
サグを出せば、あとのダンパーやリバウンドは自ずと決まる。

メカのたくちゃんと、あーだこーだ言いつつ試走を繰り返し、煮詰めていく。
決められた試走時間の13時から16時までフルで試走と調整を繰り返した。
最終的にあまり納得のいくカタチに出来ず、悶々とした不安な気持ちのまま日曜日を迎える。

20170424113948c91.jpg

さて、日曜日。相変わらずいい天気でドライ。
前日の試走のフィーリングもあるけど、
シンプルに出直し、セッティングも各部標準に、体に素直に感じたところに戻す。
試走の段階ではあまり良い感触を得れなかったチューブラータイヤも
使用するか迷ったけど、Dugastのチューブラーで1.5bar。
ジタバタせず、、ある意味開き直ってレーススタート。
レースはコースを6周。

201704241133593b0.jpg

スタートはいい形で決まるも
シングルトラックに入る段階で飲み込まれ、
7位ほどでレースを進める。
焦らず焦らず。
1周目、2周目と進み、トップグループの4人の後ろを5位グループとして中原選手と走る。
10秒前後の差が詰まり切らない。
ペースを上げて追いつくも、登坂で差を開けられる。
その繰り返し。

20170424113951745.jpg

登坂力の無さは自分が十分承知しているので、
そこの部分以外で差を埋めるにもどうにもこうにも差が詰まり切らない。

20170424113456097.jpg

ラスト2周?で僕は単独5位になりつつあるところで
トップグループの1人がバイクトラブルで遅れる。
単独4位。

20170424113950860.jpg

ラスト1周で、後続から追いついてきた選手に抜かれ、5位。
でも、そのあと、またトップグループの1人がメカトラで4位。

なんとかその位置のままゴール。
全体で4位。
男子エリートでは3位。トップとは1分半差。
ノートラブルで最後まで丁寧に走れて満足。
かなりリム打ちしてたし、そこらへんのマネージメントには気を使った。

20170424113951e3d.jpg

マウンテンバイクでの表彰台。
それもUCI1クラス。嬉しい。
全体で4位やったけど、1位の選手がU-23クラスなので、
男子エリートクラスでは3位。
なんだかなぁですけど、ま、表彰台に上がれてそこは素直に喜ばないとね。

2017042411454332e.jpg
表彰式後のお餅、おかし撒き大会?

でも、まぁ全体の走りとしては自分自身で物足りない。
見てもらっていた皆さんが感じられたように、どこかまだのんびりしてます。
今回でまた感じた点も色々とあったし、もっと走れるのは確か。
修正してもっと思い切って走れるようにならねば。
雑にはならずもっと丁寧に。
ガシガシと踏んでいけるように、回していけるように、またトレーニング頑張ります。
もう少し、登れないとね。。がんばるべ。

ま、まだ4月。これからもっと調子を上げていく。

20170424115042268.jpg

会場ではたくさんの方に声をかけていただき、応援していただき、
そして、東洋フレームのブースにお越しいただき、どうもありがとうございました。

何人かの方には僕のレースで使用したバイクをそのまま試乗して頂きました。
竹之内はスチールフレームでなんで走ってるんやというご興味を特別にもっておられそうな方に
特別に僕からお声掛けして乗ってもらいました。
乗られた皆さん、見た目とのギャップからか、バイクの性能にすごく驚かれてましたが、
僕のバイク、もちろんレースバイクです。
スチールフレームですけど、これ、東洋フレームですよ。ここポイント。

20170424115500925.jpg

次のレースはCJ-1マウンテンバイクレース。
5/5に滋賀県朽木でレースです。

では。



  1. 2017/04/24(月) 11:56:52|
  2. Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Shoubudani CJ2

レポート、遅くなりました。
4月9日はマウンテンバイクレース、2017年初戦でした。

シクロクロスのシーズン後、昨シーズンの経験を活かし、トレーニングを重ねてきた。
それほどいい形まで仕上がってもいないけど、レースを行うには足りる気合いはあった。

今年からは東洋チームとして本格的にテントも出し、
ワークスらしい雰囲気に。
シクロクロスシーズンでも一緒にやっていたメカニックのたくちゃんも前日の試走から
付き合ってくれ、至れり尽くせりな気分。
でも、そうなるとそうなったでバイクの不具合や天候の急変、色々とあった。
去年は1人で参戦する機会が多く、そこまでのバイクに対するトラブルや天候の急変も無かっただけに、
体制が変われば、その体制なりの物事の運びになるんだなとしみじみ。

ま、なにはともあれ、、
レース前日の土曜日、試走。
何回も転け、全くバイクに乗れていなかった。
IRCさんのタイヤを、たくちゃんに頼んで贅沢にも三種類試し、自分の中の引き出しを増やす。

20170420183652950.jpg

レース当日、前日に午後から降り続いた雨でコースコンディションが大きく変わる。
当日のレース直前のコース試走はできなかったのでコースウォッチ、コースウォークを繰り返し、
路面状況を確認。コースの見えないところはあくまでも陽のあたり方などを思い出し、想像で。
IRCタイヤのSTINGO(泥用タイヤ)に履き替え、空気圧は1.3〜1.4Bar。

レース、スタート。
約4キロのコースを5周。

2017042018365377f.jpg

僕は2列目スタート。
スタート時、前の選手がペダルキャッチミスして、その煽りでロケットスタート決まらず。
それに引き続き、スタート直後の登りが路面が泥でツルツルで乗れない選手にも巻き込まれ、のんびりスタート。
7〜8番手ほどで1周目を終える。
焦らず、そっからボチボチと走り続け、3周終了時で3位。残り2周。
気温も湿度も高く、ウェアは前のファスナー全開。
前のファスナー開けてるし 、ロゴ見えないなぁと思いつつ、、、暑さには耐えれない。

2017042018382931c.jpg

ラスト2周はタレてしまって、4位でゴール。

去年と走り方を変えてみたけど 、そこの情報を今回のレースで得れた。
各スタッフとの連携も今シーズン初めての組み合わせのメンツでどこまで出来るかなと思ったけど、
とりあえず形にはなったかなと思う。
チームは自分で作るもの。
国が変わっても同じ、日本でもベルギーでも。

2017042018365285c.jpg

今シーズンのチーム東洋、引き続き応援よろしくお願いします。
今週末は八幡浜市で開かれるマウンテンバイクレース、UCI1クラスに参加します。
今回の菖蒲谷のレースよりかはいい走りができるでしょう。

20170420183655cac.jpg

八幡浜の会場では、東洋フレームの試乗車を何台か準備させていただく予定です。
会場に来られる方、おたのしみに。

では :)



  1. 2017/04/20(木) 18:42:38|
  2. Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

竹之内悠

Author:竹之内悠
竹之内 悠

Yu Takenouchi
1988/9/1
170cm 62kg

Team
ToyoFrame

略歴
2011,2012,2013,2014,2015 Japan National Cyclocross Champion
2010 Japan National U23 MountainBike XCO Champion
2008&2009 Japan National U23 cyclocross Champion

2011,2012,2013,2014,2015 全日本シクロクロスチャンピオン
2010 全日本U23マウンテンバイククロスカントリーチャンピオン
2008,2009 全日本U23シクロクロスチャンピオン

最新記事

Sponsors

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
Race (145)
news (12)
Life (10)
Schedule (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR