YuTakenouchi/竹之内悠

This is Blog of cyclist, Japanese YuTakenouchi. Roadrace. Cyclecross.MountainBikeXCO 自転車選手、竹之内悠のBlogです。

2017 Koppenbergcross コッペンベルグクロス

毎年、このレースは地元のサッカー少年たちや、顔見知りのロード選手たちが大声援で
Yu!Yu!Yu!Yu!とリズムよく応援してくれるレース。
その声援に合わせてほかの観客のみんなも応援してくれるからすごい大歓声になる。
あまりの声援に嫌でも頑張るしかなく、僕もその声援に対して走りで応えたいと毎年がむしゃらに走るレースです。

今年はその声援に見合った走りができず、とても残念だった。
腐ってもしょうがないし、必死に最後まで走ったけど、、、
ま、今の自分の置かれている状況を考えれば仕方ない。
観客のみんなに申し訳なかった。
やっぱりいい走りで応えたい。

試走中、5歳ほどのちっちゃい男の子が毎周回、
僕が通るたびに片言で” Yu! Takenocccchi~!!”と声をかけてくれ、胸が熱くなった。

このレース後、
コーチとトレーニングする機会があり、一緒にトレーニングしているときに来年の話になった。
「来年のレーススケジュールはもっとこうしてああして・・・・・・」と。
その当たり前のようにしてくれた会話が僕に力を与えてくれた。

コッペンベルグクロスのあとは本当に身体への負荷が大きく、
ここ2年ぐらいは疲れが爆発して、肉離れを起こしていた。
今年は疲労のコントロールが少し上手になり、なんとかこの一週間は有意義な時間にすることができている。
次のレースは今週末にSuperPrestige Gavere。
Gavereは僕の中では超きつい、苦手意識たっぷりなコース。
もうどうやって自転車に乗るのってくらいのスリッピーな泥と登坂、下り、そしてラン。
体調と患部の具合も悪くないので例年より少しいいレースにできるかなって思ってます。

さて、ブログ本文です。
東洋フレームブログから転載させてもらいます。
ブログ下部にレース映像を埋め込んでます。
ご覧ください。



165A1449-C023-4B6D-96F4-F16B03E321A3.jpeg

スーパープレスティージュ第4戦後、中2日でコッペンベルグクロス。このレースは本当に特別でコースもだけど、観客が熱い。そして、毎年Yuコールが起こるレース。理由は定かではないけれど、とても有り難く、そしてその分のプレッシャーも感じ、なんとも歯がゆいレース。去年はギリギリ走り切れたレース、今年はどんなレースにできるか。

22885967_1701205133247490_2257178652089302810_n (1)

家からこのレースも近いので前日にコース試走に行った。クリート位置をRuddervoorde以前のシューズで走るとやはり患部の痛みがなくなり、かかとのホールド感が増していた。とても嬉しくてはしゃいで試走した。結果として、少し走り過ぎて、翌日のレースの時は患部が疲れていた。反省。クリート位置は元に戻した。Ruddervoordeでのトライもよかったけど、やはり怪我に合わすと悪い方向に流れてしまう、今まで通りの走りができるまでは我慢するしかない。逃げたらあかん、と思った。

23172494_169189963665093_5048804240185814611_n.jpg

コースはスタートして、有名な石畳コッペンベルグを下から上まで駆け上がる。その後も登坂の繰り返しで休むところはほぼない。例年以上に休みどころがないコースだった。

Ruddervoordeで少しいい感覚を掴めていたのでこのレースでは期待していた。患部の具合もよかったのも関係していた。とりあえず、気分が良かった。


さて、レース。スタートして激坂を一気に駆け上がる。そのスタートだけで体の余裕が全くなくなった。これはやばい、と思ったもののそのままずるずると後退。ペースを持ち直すことはなかった。

22886307_10214780171523693_7198287980440326852_n.jpg

コース脇からのYuコールはコースのどこにでも起き、Yu Yu Yu Yu!!と応援してもらえた。有り難い。けど、それに対し、走りで応えれない。つらかった。

22894517_10214780173003730_5711701075986807829_n.jpg

28位。マイナス4周。レースはすぐにおろされた。脚の使い方は悪くなかったけど、どうにも伸びない。かかとの具合も悪くはなかった。あとはまた身体を作っていく必要がある。ヨーロッパでの生活とレースに疲れが出てきてるけど、またトレーニングに力を入れ、今の状況の立て直しに全力を挙げていきたい。




中継映像、ハイライトしかありませんでした。
よく伝わらないですね。また探しておきます。


スポンサーサイト
  1. 2017/11/11(土) 00:43:46|
  2. Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017 SuperPrestige Ruddervoorde

Ruddervoorde、例年と変わって、牧草地のフィールド上にレンガを敷き詰め、スタートゴールを作っていた。
さすがスーパープレステージ。やることがビック。
このレースに迎えるにあたっていろいろと準備したけど、その結果がこのレースには出なかった。
けど、確実に今なら、変わってきている部分もある。
レース数とレベルがそれなりなので、自分のペースも崩さず持ち直していきたい。

そして、この週はベルギーの大手新聞社HetNiieuwsbladから取材を受け、
全国紙に見開き一面で僕のことを紹介していただいた。
ずっと見向きもされず、それを自然として海外でのレースを取組んできたので、
こうして大きく取り上げていただくのはとても嬉しい反面、少し複雑な気持ちにもなります。
でも、僕のことを前向きな意味で取り上げていただくのはやっぱり喜ばしいこと。
日本人の竹之内悠に対しての観客の対応もすごい暖かいものになったし、こういうムーブメントを
より繋いで形にしていけるように頑張りたい。

東洋フレームブログから転載します。
よろしくお願いします。

ブログ下部にレースの中継映像を埋め込んでます。
ぜひ、ご覧ください。



22851719_1670571299684993_1333529664369243183_n.jpg

10月24日のレースをキャンセルしたため、レースを一週間あけることができた。その間に今まで日本でしていたトレーニングのリズムで過ごし、調子を取り戻そうとトレーニングに熱が入った。

38B280A9-26D3-4546-81C0-F7D7D38E83AB.jpeg

そして、その平日の間にベルギーの大手新聞社Het Nieuwsbladから取材の依頼がきたため、取材を受けた。そして、10月28日の新聞の見開き一面に大きな記事を載せていただいた。記事の内容としては、文化とレースとなぜベルギーで走るのか、、などと思われます。

1173FAF5-790A-4601-A291-DD51DD8B484D.jpeg

0B4BD2AB-4C57-4C8C-BF40-D240EDB59A51.jpeg

さて、Ruddervoordeは家からも車で30分の距離のため、前日にコースの試走に行った。普段はあまりこういうことをしないのだけど、念には念を入れる。コースを頭に入れて、翌日のレース時の負担を減らしたかった。

怪我した部位への負担を減らすべく、クリートポジションを変更した。その場しのぎなのか、正しい選択になるのか。試走の時はよかったのであとはレースでどう出るか。このループから抜け出したい一心。

レース当日、まぁそんなに悪くない身体の調子。一週間のトレーニングによる疲れは残っていたけど、それも全て今後のため。しょうがない。

天候は基本晴れでと時々10分ほどの通り雨が降る。気温も日が出れば暖かく感じられ、この日も半そで半パンの装いでスタート。

22814396_168393860411370_3452227535299176142_n.jpg

スタートは少々混乱があったけど、うまくすり抜け、ぐいぐいと走る。位置も悪くなかった。けれど、一周目のサンド区間でスピードに乗り切れず、ついていきたかったパックから遅れる。その後、ペースが一気に落ち込むが、中盤から終盤にかけて持ち直した。ベルギーのレースでいつも力み過ぎて悪循環になってる部分もあったので出来るだけ力を抜いてバイクを進ませることを意識して走った。

23113394_772501542933179_1991193017_n.jpg

レースは予想より早い段階で下ろされてしまったけど、レース後の身体に残る疲労感などは悪いものではなかった。怪我による直接的なダメージはほぼ回復したと感じた、しかし、今度は怪我を庇ってこいでいたようでそれの癖があってうまく走れてないように感じた。レースは29位で終えた。

クリート位置の変更も良かったけど、ケイデンスが上がり切らない。これは調子の面もあるし、足首の負荷を減らすという面では有効だったのかもしれないけど、少し不安が残った。

次のレースは三日後にコッペンベルグクロス。超ハードな登坂レース。


レース中継映像はこちらからどうぞ。




  1. 2017/11/10(金) 00:41:50|
  2. Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017 Cyclocross WorldCup Koksijde

連戦。
Ardooieから中一日でBoom、そして次の日にKoksijde。
どうしようもなく、走れなかった。
体調も悪くなり、10月24日火曜日に参戦予定していたNacht van Woerdenをキャンセルした。

テレビ中継映像をまたブログの一番下に埋め込んでます。
よろしくお願いします。

22528567_1620514684637246_4336359566747874416_n.jpg

前日のSuperPrestigeを少し抑えて走った、というか、走らざるを負えなかったから、ワールドカップは少し走れるのではないかと期待していた。例年、絶対にいい走りをするんだと意気込んでいるコクサイデ。毎年、ベストな状態で挑めるわけではない。去年はかなり気合い入れていい走りができるのではないかなと思っていたけれど、強風のためレースは中止になった。そして、今年もかなり風が強く、今年もレース中止かな?なんて他チームのメカニック達とおもしろおかしく話し合った。

コースの試走をした感じではそこまで悪くは感じなかった。むしろ、前日のSuperPrestigeより身体が楽に感じた。タイヤのセッティングもパパっと決まり、気分良く試走を終え、レースに備える。

レースがスタートし、去年から採用されたスタート直後の担ぎ区間を経て、落車を回避しながらレースを進める。が、ランセクションでもう何もかもが終わった。もう歩いてるのも精一杯。各選手の背中が遠ざかる。自分で自分が異次元の遅さなのがわかった。その場から逃げ出したかった、けど、これはワールドカップ。とにかく、できる限りの力で走り続けた。レースは30分も走れなかった。こんなこと、この数年で初めて。あり得ない、、と思ったけど、とにかく、レースを終えてほっとした。

レース後、チームトラックに戻るまではもうフラフラでもう心底疲れた、という言葉が正しかった。。自転車の上でハンドルで上半身を支えることもままならなかった。

この日はレース前から内臓が痛くてまともにご飯を食べれなかったけど、レース後のフリッツはなぜかとてもおいしく感じた。

レース後、スタッフはすごい残念な顔をしているし、ムードは悪かった。めっちゃ悪いレースをしたのはわかっている、あり得ないほど遅かった。けど、最後まで走ったし、許してほしいとも思った。手を抜いたわけではない。ぼくも走っていてすごく悔しかった。ピットで待っているスタッフも悔しかったんだろう、その気持ちもわかる。

僕は次に予定していた火曜日のナイトレース、Nacht van Woerden UCI2のレースをキャンセルするようにスタッフに伝えた。今は身体と気持ちがもうついていかない。

ArdooieUCI2や何レースかの走りを見る限り、今年の走りは悪くはない。例年より速く走れている。ただ、Meulebekeの怪我から少しずつ歯車が狂い、例年のように連戦に対しての免疫も怪我の影響でかなり落ちている。その他、ここ一か月の自身のスケジュールを見直しても、かなりの過密スケジュールをこなしてきた。身体がもうついてきていないのは明らか。自分のトレーニングリズムを取り戻し、次の10月29日日曜日のSuperPrestige Ruddervoorde に備える。負けない。







  1. 2017/10/28(土) 03:15:44|
  2. Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017 SuperPrestige BOOM Niels Albert CX

Ardooieを好調で終え、中一日でSuperPrestige。
試走した時点でZonhovenと同じ感覚だった。うまく走れなかった。

ヨーロッパにレースしに来てるのに、怪我しに来てるようなもんやなと笑えてくる。
立て直していきたい。

今回は映像を埋め込んでます。
一周目だけちらっといます。
ブログの一番下に貼り付けます。

レポートは東洋フレームブログから転載させてもらいます。
では、ご覧ください。

22788966_10211437371382544_3215074609863417639_n.jpg


Ardooie UCI2が終わり、一日挟んでボーム。このコースを走るのは初めて。ArdooieUCI2で感じたことを色々と修正を加えてみたけど、結果的には悪い方向に働いた。それに、ArdooieUCI2で得た身体のダメージがひどく、内臓の調子が悪くなり、胃がずっときりきりと痛い状態が続いていた。それにこのボーム当日はひどい眠気でレースだっていうのに寝たくて仕方なかった。レース1時間前はとにかくコーヒーをがぶ飲みし続け、眠気を飛ばした。

コースは高低差があるものの、芝がとても締まっていて、高速コースだった。得意なコースだなぁと感じたけれど、とにかく、走るもなにするも注意力がなかった。途中の砂区間も得意なはずなのにバイクのバランスを崩して思うように走れなかった。今思えば、Ardooieのあとのポジションの修正が悪かった。そして、左足が試走する時点で悲鳴を上げていた。これはまずい、レースどころではないと思った。この左足は患部ではなく、患部を庇うために筋肉の使い方が乱れて悪循環になっていた。患部も疲労により、足首がぐらつく。今の状態では患部に対し、オーバーワークになっているのが嫌でもわかった。

22713402_1484983738217782_6633894662740868673_o.jpg

とにかく、スタートするしかない。SuperPrestigeに全戦契約させてもらっておきながら、結果がGietenはまだよかった、ZonhovenはDNF、そしてこのBoomでもリタイアという選択は避けたかった。

22540085_1484983851551104_3944868426695239266_n.jpg

とにかく流れに乗って、いけるとこまで行こう。そう少し守りに入った気持ちでスタートを切る。スタートして、流れに乗ったところで前の選手が詰まって急に減速し、僕はその選手に突っ込みかけ、脚をつき、落車を回避。けど、集団から遅れる形でホームストレートを抜けていく。やっぱり気持ちが入ってスタートしないとこういうトラブルを呼ぶよね、と再認識。集中しないと。レースはやっぱり気持ちがないと本当に蹴落とされる。気を少し引き締め、最後尾なので焦らず確実に走り、前を追う。

半周もするうちにもう左足の出力がしなくなった。ピット横でスタッフにとりあえず走ると伝え、UCI80%ルールで切られるまで走った。この日はアマチュア選手がちらほらいたので、彼らと少し混じらせてもらい一緒に走った。マイナス4周でレースを降りた。25位。

22553027_509512192739074_2113110354729841427_o.jpg

ArdooieUCI2で、高速レースだったので路面からの突き上げによって内臓が疲れていたのは理解していたし、疲労が抜けきれなかったのもわかっていた。レース前の集中力の無さも、スタートのミスも、大きな事故を起こさなかっただけまだよかった。このレースはとにかく形のリザルトを残すために最後まで走った。

走っていて、たくさんの人に応援をしてもらえるけど、それに応えれない。応えるためのベルギーでのレースに対する物事の組み立て方をまたもう一度考えないといけない。

この日の翌日はワールドカップ コクサイデ大会のため、多くの選手がDNSだった。でも世界のトップはこのスケジュールでも余裕でこなしていく。ただただ、改めて力の差を見せつけられる。わかっているんだけど。。







  1. 2017/10/28(土) 03:09:07|
  2. Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017 Kermisscross Ardooie UCI2

ブログ久しく更新していないなと思っていたら、、
時間が過ぎるのあっという間です。
レースレポートは東洋フレームブログ優先で更新させてもらっているので、
タイムリーにチェックしていただけるならこちらからよろしくお願いします。
東洋フレームブログ

このArdooie大会は終始パックでレースができたし、
今回の遠征で思い描くレースができた今のところ唯一のレースです。
では、また転載ですが、どうぞ。

このレースはテレビ中継がなかったので、いつもの映像の埋め込みはありません。

14720484_10207216171346917_1175614414958662684_n.jpg

スーパープレスティージュ第2戦から中3日でArdooie、UCI2クラス。このレースは毎年雨で泥のレースになるけれど、今年は天気が良く気温も20度ぐらいまで上がり、夏のようだった。そのおかげでコースはドライのハード路面、超ハイスピードレースになることがレース前から予想された。また、得意なハイスピードレースで且つ、降車区間が一か所のみで患部に負担の少ないコースで今まさに自分にとってリハビリにぴったりなコースに思えた。上の写真は去年のもの。どっろどろ。

試走した段階でリムハイトの高いホイールを選んだ。少し風があったけど、巡航スピードを得たかった。

レース前はサポータークラブの主要メンバーのみんなが来てくれた。既にビールで出来上がっている雰囲気だったけれど、僕をアテにレースを楽しんでくれるなら何より。みんなと記念写真。

6C70A2B4-757F-4767-8270-AF45C3DBA90D.jpeg

3D25D518-01B3-4448-8E60-381CEB56282D.jpeg

スーパープレスティージュ第2戦後、左足患部の感覚がかなりよくなってきていた。それに10月から乗り出したばかりのバイクの乗り方もわかってきて、このレースではとりあえずいい走りができるという確信がレース前からあった。

スタートは少し荒れたけど、何事もなくこなす。U23と一緒のレースは人数が増えるし、殺気立ってコンタクトが多くなる。選手のメンツを見て、とりあえず、落ち着いてレースを進める。1周、2周と重ねる中で5人ほどのパックから2人で遅れる。一緒に遅れた選手が強いのがわかっていたので、その5人と少し差を開けたのかなと思ったけど、本当に遅れてしまった。あらら、と思い、どうしようもないので、その選手の後ろにずっと待機。彼のペースについていくのがやっと。漕ぎ方がまとまらなくて、無駄な体の使い方をしているのは理解していたけど、レース中で必死でどうにも制御できず。とりあえず、前の4人パックのペースが落ち、合流できることを願った。

21768180_10210881128006333_6912302141563209926_n.jpg

レース中盤で4人パックのペースが落ち、一緒に遅れた選手と一緒に追いついた。6人パックに。そこでぼくはパックの前に移動して展開できれば体力をセーブできるのは理解していたけれど、パックの前に上がる体力すらなく、ただ6人の一番後ろを走り続けた。ただ耐えた。後半40分ほどたったところで少し体が慣れてきて、動きやペダリングがきれいにできた。けれど、それまでにロスした体力が多く、もうパックについていくので必死だった。

22635425_761776517358961_2126369806_n.jpg

ラスト一周、パック内にいたロブペーター選手がやる気ないモードだったのでパス。けど、そのほかの4人との20位争いのスプリントになったけど、最終コーナーを曲がった時点で出遅れ、スプリントできず、フラフラでゴール。トップの世界チャンピオンのWout選手から3分遅れの25位。とりあえず、よくやった。自分で自分を褒めた。

884CB106-AEDB-4ABE-991D-E0F77B505B13.png

平均時速が30km近いレースだった。僕は、誰かの後ろに常について走ることしかできなかった。10月1日のGieten以来、ようやくきちんとレースができた。コースもMeulebekeの怪我に対する負担が少なく、天気が良く、コースもハイスピードコースになったことで完走率も上がったことも一因。まぁそれでも去年までの走りより遥かによくなった。怪我の影響で満足にトレーニングもこなせなてなかったので、レース中はとにかく苦しくて我慢し続けたけど、少しレース数が減り、トレーニングできれば、もっと余裕をもってレースに参加し、レース展開に加わることができると思う。

サポータークラブや、スタッフのみんなも今日の走りをとにかく褒めてくれたし、驚いてくれた。けれど、僕の中ではスタンダードのちょい下くらいの走りだった。今年はもう少し走れるはず。まだ怪我も完全な状態ではないし、無理をし過ぎずにレースを進めていきたい。まだまだこれから。

22519128_10210881131846429_485481980410006229_n.jpg

まず、この週末は土曜日にスーパープレスティージュ第3戦ボーム、日曜日はワールドカップベルギー大会コクサイデ。この週末は天気が悪く、ハードなレースになりそうです。そして、週明けの火曜日はオランダでUCI2クラスのナイトレースに参加します。今回のレースで久々に追い込んだので今は疲労困憊だけど、、明日からの二連戦、そしてナイトレースと、、形にできるように頑張ります。
  1. 2017/10/28(土) 02:46:37|
  2. Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

竹之内悠

Author:竹之内悠
竹之内 悠

Yu Takenouchi
1988/9/1
170cm 62kg

Team
ToyoFrame

略歴
2011,2012,2013,2014,2015 Japan National Cyclocross Champion
2010 Japan National U23 MountainBike XCO Champion
2008&2009 Japan National U23 cyclocross Champion

2011,2012,2013,2014,2015 全日本シクロクロスチャンピオン
2010 全日本U23マウンテンバイククロスカントリーチャンピオン
2008,2009 全日本U23シクロクロスチャンピオン

最新記事

Sponsors

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
Race (159)
news (12)
Life (10)
Schedule (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR