YuTakenouchi/竹之内悠

This is Blog of cyclist, Japanese YuTakenouchi. Roadrace. Cyclecross.MountainBikeXCO 自転車選手、竹之内悠のBlogです。

Gullegem

昨日はプロケルメスでした。
クイックステップ、BMC、
有名な選手が勢ぞろい。
ボーネン、ステイン、ジルベール、
あとはネイスとケビン。

9749_1114377285367282_867332724_n.jpg


みんなこのレースにお仕事で来てるんだろうなぁ、えらいなぁと思いながら、
レーススタート。

この前のインタークラブの疲れがあったので、
今日のケルメスは流れにまかせよう作戦だった。
調子もよくない。
前半の30分で、4人のクイックステップ?と、ジルベール達がにげる。
それはそのままゴールまで。

僕は集団の中でずっと走り、、
後半になり、身体が動き始め、、
ちょうどそのタイミングで集団が活発になり、アタックの動きが出てきたので、
その流れに乗る。

1、2回アタックし、
今日はそれだけ。
追走グループを作ることもできず、、
かなり足を使ったので、最後のスプリントは流れゴール。
参加しようとしたけど、中途半端なスプリントで終わりました。

結果は36位。

次のレースは今週末にUCI1.2です。
内臓がお疲れモードで、嫌な感じです。

では。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/29(水) 22:40:01|
  2. Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

June.

こんばんは。
昨日のレース、出し切ってしまった感がレース中に感じてたんですが、
案の定、今日はクタクタです。
昨日の夜は風邪ひくかもとおもったので、ワイン飲んで、
晩御飯もたくさん食べて、、回復に努めました。

_DSC1711.jpg



明日は、Gullegemってとこでプロケルメスです。
クイックステップから9名出るようですね。
Ronde van Belgium 終わってすぐの流しなのか、調整の一環なのかなぁ。
トムボーネンと初対面やなぁ。

もう5月も終わり、6月についてです。
6月は当初、全日本選手権に参加する予定でしたが、
帰る手間と時差の調整。それにベルギーで出れなくなるUCIレースとを考えた結果、
ベルギーに留まって頑張ってレースをすることにしました。
一度帰国し、日本で皆さんの前でいい走りを見せれればとも思いましたが、
今自分のおかれている環境でベストな選択にしました。
更に上を目指してがんばります。

去年まではアマチュアレベルで結果を出すことに必死でした。
今年からは戦う場がUCI2クラスがメインになりました。
これから一つ上のクラスに向かっていくために、一つでも多くのUCIレースを走りたい思いです。
そして、結果を出して、今の自分を高めていきたい。

ですので、6月の予定はセレクションの関係でまだ未確定な部分もありますが、

1/6 Heist o/d Berg prokermiss
2/6 Mem Vanconingsloo UCI Bel1.2
11/6 kamp. v/h Waasland-Belsele Bel 1.12
16/6 Flesh Ardennaise UCI Bel 1.2
18/6 Ruddervoorde prokermiss
19/6 Halle-Ingooigem UCI Bel 1.1
26/6 IWT Oetingen UCI Bel 1.2
29/6 Omloop Het Nieuwsblad UCI Bel 1.2

7/7 Roeselare Prokermiss
.......

ってな流れになります。
6月はUCIの1クラスが1回、2クラスが4回、
インタークラブが1回、プロケルメスが2回。
春先以来の1クラス。
身体持つかな。
最近、ギリギリのラインのような気がする。
休もうかな、6月初め。。気持ち的には安まらないけど、身体だけでも。

応援、よろしくお願いします!
では。

写真は数年前の冬に師匠たちみんなでGentに行った時の
ちゅーふぉとです!
  1. 2013/05/28(火) 02:49:45|
  2. news
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Gp Etienne De Wilde Laarne Bel 1.12


今日はインタークラブでした。
今年に入って初めてのアマチュアクラスのインタークラブ。
勝ちを意識して走る。
今年はUCIレースとプロレースばかりやったから、
自分の走りがどこまでいけるかってのが気になってた。
コンチネンタルチームは僕たちColbaだけ。
いい走りがしたかった。

247470_10200320770799790_2004759610_n.jpg


レースは、Lebergっていう石畳、KOMが6回。横風に気をつけるという情報のみ。
石畳は二回ともトップ5ぐらいで通過。
順調。

けど、他のセクションで15人ほどを逃がしてしまい、
アタックし30人ほどの追走グループを作ることに成功。
けど、うまく回らず、、前に追い付くのにだいぶ時間がかかった。
足もだいぶ使った。
追い付いたところですぐに次の動きがあるのは、わかっていたので、
先頭まで上がるも、同じタイミングで新たな逃げができかかったていた。
やはり!!と思い、、、必死にジャンプするも、足もキテたのでどうしようもできず、
追い付けず、、7人の逃げを新たに許す。
そして、それはゴールまで。
そのあとは第2集団を作ろうと必死に動いたけど、
力尽きて、第2集団を作り切れず、力尽きてしまい、その間に第2集団ができ、のれずじまい。
だいたい第3集団でゴール。
スプリントの練習にと思ってもがいて、しっかり頭とれた。
っていっても、第3集団。
そして、26位。

空回りしてたし、
噛み合ってなかったなぁと思う。
頭でわかって動くんやけど、身体がついてこなかった。
7人の逃げを逃した時点で、、、って感じです。
しっかりイメージして、動いたけど、、
うーん。。

今日は上りでもしっかり動けた。
去年まではベルギーの細かい上りはこなすのでいっぱいいっぱいやったけど、、
しっかり踏んで行けた。
上りでアタックなんか初めてした。
いくら動いても結果がついてこなきゃ意味ない。
それはそうだけど、、
今日は張り切ってよかった。
けど、噛み合わなかった。調子乗りすぎた。
こんな日もある。と思うしかない。
まだまだ弱いです、ぼく。ほんと。
こんだけ動いて、また見えてきた部分もある。
マークされてたんかな?と思えるとこも。w
これは嬉しいこと。

次、頑張ります。

写真は今日のではないですが、、、
また今日の写真を発見したらアップします。

次のレースは火曜日にプロケルメスです。
  1. 2013/05/27(月) 03:11:11|
  2. Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

prokermis Borsbeek

http://vimeo.com/66582524

上のアドレスから今日のレースの動画が見れます。
また見てみてください。

今日はプロケルメスでした。
UCIレースのあと、中1日で180kmのプロケルメス。
どうなるかなぁと思ってたけど、
しっかり考えつつ、無心で攻めていくことができた。
有力チームはプロコンチのクレランユーロフィー?元、ランドボウクレジットのところ。
ま、通称ランドボウクレジットってことで。

集団で待機している間に約20名が逃げる。
集団の動きを見て、ちゃんと20名の追走にのる。
んで、前に追い付いて40名の先頭集団。
人数が多くてグダグダしてる隙にアタックにのって、7人で逃げる。
この時点でラスト90kmちょい。
順調に後ろと差を広げ、約2分差。
このまま最後まで行けると思い、、、
最後というか、最後のアタック合戦とスプリントに備えて色々と準備。
しっかり食べて、飲んで、、ひきすぎず。
この逃げにはランドボウクレジット2人、ドルティー二っていうチームが2人、
あとの3人は僕を含めてチームはばらばら。


ラスト40kmちょいでランドボウクレジットの一人がアタック。
僕はえ、マジ?と思い、反応できず。
ランドボウクレジットとドルティー二以外の選手はもう疲れてそうだったので考えず、
この2チームのチームプレイ。
頭でこういう状況を考えていたけど、あまりに早いタイミングでのアタックで頭真っ白。
ドルティー二の選手がアタックするも、ランドボウクレジットがチェック。
ぼくもチェックに入る。
ドルティー二の選手の替わりばんこアタックになんとか耐えて
ドルティー二の選手1人と二人で抜け出すことに成功。
ランドボウクレジットとドルティー二の選手がいるのでこれで完璧。
ランドボウクレジットを2人で追う。
後ろはもうけん制でおってこず。。。


でも。しばらくして、もう一人のドルティー二の選手が他の3人を引き連れて鬼びきで追い付いてきて、
そのまま単独でアタック。僕はかなりいっぱいいっぱいまで踏んだあとで
見送ってしまう。
そのあとは、ランドボウクレジットとドルティー二の2人は、当然ながらまったくひかず、、
僕を含めた他の3人で前を追う。
ペースが上がらず、
後ろとのタイム差、前とのタイム差は広がり続ける。
トップ3にどうやって入るか。
そればかりを考え続け、、、

ラスト25km過ぎたあたりで、
ひき続けててきつかったけど、アタック。
ドルティー二とランドボウクレジット、僕の3人になる。他の二人を千切ることに成功。
前は追い付かないぐらいまで差が空いてて、
後ろは1分差を切っていた。
残り2周で後ろと25秒。
必死に踏み続け、、、
ラスト5kmで後ろからきた15人ちょいの追走に捕まる。
んで、スプリントは躊躇してしまい。。14位。あぁ・・・

ランドボウクレジットの選手はソロで逃げ切り。
今日のAvg44kmやのに。


ドルティー二とランドボウクレジットにうまくやられた。
対応するだけの力もなかったし、
まさかラスト40kmから逃げるとは、考えてもいなかった。
それにドルティー二の選手一人と2人でランドボウクレジットのソロ逃げを追うというベストな形に持って行けたのに、、、
そこまでは100点満点の勢いでいい形にもっていけたのになぁ。。
そのあとはぐだぐだ。
くやしかった。
トップ10は確実に入れると思ってたし、
展開的に表彰台に乗れる形を作れたとも思えたし、意識してた。

くやしい。
難しい。
チームプレーをさせる前にもっとこうすればとか、、、
なんか色々思うことがある、、、

946532_10200372867782182_1821782001_n.jpg


最後、3人で逃げてる時も、もう必死で踏んだ。。
最初からこの形を作れば、、一人が逃げる前に。。
自分から動けば、、
うーん

結果を残したい。
勝ちたい。プロの世界で。

今日も勉強になった。
二度と同じ間違いはしたくない。
もっと自信が欲しい。


説明が下手ですいません。
では。
  1. 2013/05/21(火) 07:41:24|
  2. Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GP Criquielion UCI Bel1.2

今日はGP Criquielion UCI Bel 1.2でした。
トップコンペティションなので、レベルも高かったと思う。
ほとんどがコンチネンタルチーム。
プロコンは3チーム?かな。

今日の結果は8位。
UCIポイントゲット!
やったね!って気分でもないような、、なんなのか。

去年のレースで8位になったときは、
第2集団と思ってスプリントしてて、
気がつけば8位。
今日はしっかり狙って走って8位。これは成長したと思う。
けど、、最後の集団スプリント、
自分入れて4人ほどが横一線やったと思う。

603606_1110353695769641_810956045_n.jpg


写真の前3人はラスト2kmぐらい?から逃げて。逃げ切り。

やから、、ハンドル投げで負けたのかな。
集団で5番目、ってことかぁ。
今日はスプリント、しっかり待って、
ラスト300mくらいからじわじわ上げて、
ラスト100mで一気にいったけど、、、
待ち過ぎたかなぁ。
感覚としては悪くなかった。
今年一番力が入ったし、バイクも伸びた。
5位ぐらいにはなれたかなぁと思ったから、、悔しい結果でした。


今日のチームオーダーが僕はスプリントまで待てと言われ、
僕は断って、逃げに乗れたらのりたいと言った。

今日は前半に逃げができた。16人。
その場にはいたけど、チームメイト一人が僕の横からアタックにのっていくのが見えたので
無理してのろうとはしなかった。のりたかったけど。。
結果として、その逃げをレース後半で追わなくて済んだし、
レース後半まで体力を温存できた。
逃げ集団で有力選手がパンクしたので、
有力チームが追う展開。願ってもないチャンス。

けど、スプリントははじめの1時間で動いた疲れと、今日は身体にキレがなかったので、、
不安があった。

でも、最後のスプリント。
冷静にこなせたし、位置取り争いでも当たり負けしなかった。
今日の感覚を大事にしたい。

ジロでカヴェンディッシュのスプリントを真剣に見た甲斐があった。
頭のイメージだけですが。やってることのレベルはそりゃ違うけど、、
自分なりの発見があったので。それを今日は活かせたけど、、、
うーん。やっぱりくやしいね。

そう、今日はユーラシアも参戦してた。
ぼくとしては、みんなにいいところを見せたかったので、、
よかったのかな。。。????もっとがんばろ。
がんばってるふりですが。

次のレース、いつだろ。
あ、月曜日にプロケルメスです。
逃げまくろ!
あしたはのんびりコルトレイクに行こう。

では。
  1. 2013/05/19(日) 06:45:24|
  2. Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Puivelde

今日はプロケルメスでした。
前半は身体が動かなくて、
集団の中でひらひら。
この前のレースのあとに体調を崩してしまい、、、
崩し切らなくて済んだんですが、
やはり身体はおかしくて、レースでも身体がロボットみたいにぎくしゃく。
けど、100km走ったぐらいからは元気になり、、
前半にできた4人の逃げをコルバで追うことに。
明らかにタイミング的に早過ぎるし、
みんな弱いから全然引けない。
この追いが原因でチームは5人しか完走せず、、、笑
あらまって思うけど、何もせず、集団の中でひらひらするよりかは楽しかった。

この集団を牽引する動きのおかげで身体にスイッチが入って、
逃げを吸収してからの動きにも絡んでいけた。
けど、重要なカウンター、勝ち逃げにのれずじまい。。
その場にいたのにな。
もっと自信もっていけばよかった、、、
その時の光景が今でも頭に浮かんで、、くやしいなぁ。

248114_1109307302540947_168152900_n.jpg


アタックの決め方がプロケルメスはアマチュアと少し雰囲気が違う。
けど、今日はその違いに気づけた。強さが必要やけど、、
でも、それ以外のなにかが、、、、ふむふむって感じ。

勝ちたいなぁ。

最後は脚なくていい位置で動き切れず、追走の逃げを逃した。
けど、これは、もうなんとなく、、しょうがないと思う。
今日は身体を起こすことができたし、
自分の中で得れるものがあったのでオーライ。
次のレースで結果につなげたい。
前よりも結果をイメージできるようになってきたから、、
なんか、、結果を出したいとこの前より強く思う。

最後はメイン集団でスプリント。10番目くらい?
リアがトップに入らなくて回り切ってスプリントにならず。笑)
あーあって感じでした。
もう、、いろいろあるんです。。へへ
全て自己責任ですが。

次のレースは土曜日、
Criquelion UCI Bel1.2 です。
トップコンペティションです。
フラット基調らしく、去年のはじめの1時間はAvg51kmらしいです。
どうなるやら。気合い入れていきます!!ふんがふんがー

では。
  1. 2013/05/16(木) 04:46:59|
  2. Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Houthalen - Helchteren

今日はプロケルメスでした。
170kmのレースで、
ラスト100kmぐらいから16人の逃げにしっかりと乗れた。
エースのクレモンが4人ほどで逃げ、
そこに2人ほどでジャンプ、
そこからパラパラと追い付いて来て、16人。

183079_1107973519340992_1311376567_n.jpg



体力を勝負所まで温存しておこうと思い、
逃げが決まり、後ろと1分差になってから、
ローテーションも引きすぎないようにしてたけど、、
やっぱりまだまだ無駄ばかり。

アマチュアのケルメスで
結果が出ない時と同じ感覚だった。
周りに使われてるのがわかる。けど、どうすればいいのかわからないw

ラスト20kmはアタック合戦になり、、
予想通りの展開だったけど、
プロレースで初めての勝ち負けの駆け引き。
やっぱり皆速い!強い!
だれもちぎれないし、
アタックのかかりもアマチュアとは全然違う。
全員が5m間隔ぐらいでバラバラになっても全力。
そして、次のアタック。。。
もう、えーーーーまじーーーー勘弁してーーーの連続で
踏み続けれたけど、、

結果は13位。
トップ5イケるって思ってたけど、、、やっぱり甘くない。
逃げてる時に感じてた実力差通りだった。

結果よりも、、
しっかり動けて、
勝負に絡めたのが嬉しい。
そして、去年よりも強くなれてるって感じた。
最後のアタック合戦でも、しっかりと動けたし。
結果は結果やけど、、
それよりも、良い感覚。

結果は出る。
いい流れにのれてる。
ステップを確実に踏めてると感じれた。
まだまだいける。
がんばります。

http://new.wiebovlaanderen.be/Default.aspx?tabid=373&S=Competitie&C=Wedstrijddetail&WedstrijdNummer=226&Datum=11052013

リザルトです。

また写真発見したら、アップします。
簡単なブログですいません。

では。

  1. 2013/05/12(日) 05:59:23|
  2. Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Race Schedule in May to June

今月のレーススケジュールをざくっと。
来月は日本に帰国する予定ですが、どのタイミングにするか迷っています。
全日本選手権に参加するために帰国予定ですが、
その一週間前にFleche Ardennaise UCI Bel1.2 があり、
これが上りのレースなので、、これに出てから帰るか、早めに帰国して体調を整えるか、、
迷うところです。

セレクション次第でまだどうなるかわかりませんが、、

11/5 Houthalen Helchteren pro kermis
15/5 Puivelde pro kermis
18/5 GP Criquielion UCI Bel 1.2
20/5 Borsbeek pro kermis
26/5 GP Etienne De Wilde Bel 1.12 ?
28/5 Gullegem pro kermis
01/6 Heist old Berg pro kermis
02/6 Mem Vanconingsloo UCI Bel 1.2 ?
11/6 Kamp v/h waasland-Belsele Bel 1.12 ?
16/6 Fleche Ardennaise UCI Bel 1.2 ?
23/6 Japan National championships
29/6 Omloop Het Niewsblad UCI Bel 1.2 ?

どのタイミングで帰国し、どのタイミングで戻ってくるか。
7月の始めはUCIレースがないし、、
選手権のあとに少し日本で休むのもありかなぁ
けど、UCIレースを日本に帰ることで3つも出ないことになる。。
確実に2つは出れないから、、
どうしうようかなぁ
フレッシュアルデンヌに出ないで早めに帰国、
全日本、そのあとすぐにベルギーに戻ってOmloop Het Niewsbladにださせてもらうかなぁ
うーん。。
いや、集中してベルギーで身体仕上げて直前に帰国、
そのあと日本で息抜き?息継ぎ?してベルギーにもどるかぁ。
それがよさげかな


253491_10151593023924941_485359159_n.jpg

写真は昨日のRonde van Limburgで135km地点にある石畳。
第3追走集団を作ったあとで
調子乗ってその集団から飛び出してるとこ。
Topsportの選手とFIDEAの選手と飛び出したのですが。
これも今思えば無駄な動きやったなぁ。
追走集団もネガティブだったので。。ま、このあとすぐに吸収されましたが。
写真はFacebookからです。


明日はプロケルメスです。
このプロケルメスで、
2011年?はジルベールが勝ってるようですね!えらいこっちゃ。
では。
  1. 2013/05/11(土) 04:35:03|
  2. news
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Ronde van Limburg UCI Bel1.2

今日は
Ronde van Liburg UCI Bel1.2 でした。
結果は28位。

408507_510588975668202_453755226_n.jpg


うーん。

今日は鼻息全開ふんがふんがーで
絶対に逃げにのったるって思ってて、
のれたんですよ、逃げに。
けど、ちぎれました。一瞬で。
Postの選手、ニコ様を含む四人が先行。
そこにジャンプ。
LottoU-23の選手と二人になり、
2分以内で前の4人に追い付いた。
けど、、これを決める前にも逃げを決めようとアタックをしてて、
この4人に追い付くのにも踏みすぎてしまい、
もとから弱い僕は、売り切れで
おまけにゆるい上り坂で、、、くやしかったなぁ。
そのまま残れれば、勝ち逃げやった。
初めの40kmぐらいかな、、
そのあとは余力なくてメイン集団の最後尾をひらひら。
その間に40人ほどに逃げられ。。ぼくはひらひら。

でも、、、今日は続きがあります。
メイン集団があまりに締りがなく、エースが前にいるといっても、
既に50人。こりゃたまらんと思い、、、
集団がたらたらと走ってたのでアタックをラスト100kmでしかける。
既に50人は前に逃げている状況で。
んじゃ、20人くらいの追走グループを作ることに成功。
FIDEAの選手が4人くらいついてきてくれたので、
追走グループをまとめてくれた。

詳しく書くと、、
先頭グループ約25人、第2集団約25人、メイン集団。
このメイン集団から20人ほどで抜け出し、
30分以内で前の20人に追い付く。
でも、先頭グループにはエースがいたので、
ローテーションには軽く加わりつつ様子を見る。
けど、僕にとってはラッキーな展開になりラスト20kmで
先頭グループに追い付く。
けど、追い付く前に9人が先行。この9人はゴールまで逃げ切り。
でも、まだスプリントのチャンスがある。
がんばってみるもんだなって思い、
スプリント。難しい。集団では19番目の28位。

945677_1107192199419124_1926933860_n.jpg


レベルの高いレースで、
前で動いて、チャンスを掴みかけた。
強くなりたいな!
特に始めの逃げを逃してしまったのが、、、
そこにいたのに、、、弱い自分が残念。

2年前のケルメス。こんなんだったなぁと思った。
いつも前にいるのにちぎれる。それでも去年は勝てたんやし、、強くなれる。
UCIレースも同じや。がんばる。

でも、今日は最後まで諦めずに動いてよかった。
攻めてよかった。チャンスを生めれた。

263144_10200320879722513_952653475_n.jpg



今日は1.5kmほどの石畳が2回あったけど、、
石畳を走る感覚、去年より楽に感じた。
やっぱりFIDEAの選手の石畳は速くて、見てておもしろかった。
勝手な親近感。笑w

次こそは、、、逃げにしっかり乗りたい。
レベルの低い話ですが。。

んで、スプリントの時のパワーが欲しい。。
それにもっと経験を積みたい。
今日のスプリントは少しきっかけをつかめた気がする。

ま、そんな感じです。
写真はFacebookから転載です。

では。
  1. 2013/05/10(金) 05:58:13|
  2. Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012-2013 cyclecross season

ブログができたのが嬉しくて、、さっそくまた更新。笑。
ブログってやっぱりいいですね、
なんか好きに書けるというか、自分のスペースってのがいいです、はい。

2013 CX JAPAN


んで、、昨日はとりあえずパッとブログを書きましたが、
シクロクロスシーズンのことを少し詳しく書こうと思いまして。まとめ的な。

今回のシーズンはロードとの乗り込みとクロスレースの転戦を同時に行う2度目のシーズンでした。
2011-2012シーズンの時に感じた改善点を盛り込みながらクロスのレースを走ってました。
でも、やはり週に1000km近く乗り込み、その上にレースを転戦していくと、
集中力も欠けるし、トレーニングの質も落ちる。
そこまで追い込めているってことだから、それはそれでいいのだけど、
トレーニングの質、レースの質を落とさないのも一つのポイントでした。
まぁなにはともあれ。。

冬は大学にも復学してました。
大学、乗り込み、そして、シクロクロスな生活をしてました。
午前中に五時間、13時から授業。
いま思うとよくやってたななんて思いますが。
単位は無事に全部とれて、、
この秋に卒業します。
だから、今はまだ大学生です。てへぺろ

2012-2013シクロクロスシーズンは、乗れてなくて、調子も出なくて。
身体の不調も重なり、、、
自分の中で走れたと感じれたレースは世界選手権とシクロクロス東京だけでした。
全日本選手権は2連覇。
それでもまだまだですが。。

Wch2013_1-3039 k


世界選手権はアメリカ、ケンタッキー州でありました。
レースの予定がレース直前に前倒しになり、、、
日曜日の予定が土曜日に変更。
距離も乗らなきゃって考えてたので、、
木曜日に3時間半ぐらいコースにも入らず
ロードワークをしてた僕はえーーーまじーーーきーてましぇーん!状態で、

ま、金曜日にコースをめちゃめちゃ乗って、どうにかなりました。
クロスはコース状況が日によって変わるし、天気、時間帯、レースの順番でも大きく変わる。
だから、コースのリズムだけ身体に覚え込ませ、踏むポイント、休むポイント、降りるタイミング、
コース幅の使い方、をチェック。あとはレース直前にタイヤの選択と空気圧のチェック。

レース当日は、、、ほんとにスタッフの方が大変だったと思います。
それでも、僕のいろいろなわがままを聞いてもらい、無事にレースを走らせてもらえました。
結果は31位??だったかな。トラブルもあったけど、最後まで走れた。
ラスト20分ぐらいからが調子出てきた。。。
このクロスシーズンの中で一番踏めてると感じれた。
そのきっかけが何かはわからないけど、色々ともやもやしていたものが
このレースをきっかけに晴れていった。
この大舞台の前にきっかけがあって、絶好調でこのレースを迎えれればよかったのだけど、、
アメリカで世界選手権の1週間前にレースをしてたら、それがきっかけになったんではないかなと反省です。

ま、そこから勢いついた僕は
世界選手権の1週間後に東京クロスに参加。
集中力と身体の使い方が明らかによくなっていた。
僕の中では、絶対に勝たなきゃいけないレースでした。
パワーズ選手や、ティムジョンソン選手。
彼らはワールドカップでも、活躍する選手。
僕は、ワールドカップでぎりぎり完走する選手。
レベルの違いはあるかもやけど、
とにかく気持ちだけでも勝ちたかった。

2013 CX TOKYO


レースの結果は2位。
最後まで絡んだレースになるとは正直考えておらず、
レースの勝ち方まで頭の中で考えれてなかった。
1周1周、全力で走り続けていた。
1周ごとに全力を出すのはできてたけど、、それを勝負の上で勝つ方向へと
もっと持っていけば勝機は絶対にあったと思う。
悔しい。そしてまだまだ甘い。
けど、自分の中で次の世界が見えてきた瞬間でもあった。
それは同時に新たな課題な訳で。
いいレースをさせてもらいました。
スタッフのみんなにもレース中のトラブルに対応してもらい。。
いやぁ。たのしかった。です。

13010_4731577322450_555775154_n.jpg


そしてそのまま帰京し、次の日はさぬきクロス。
コースが難しい。狭いコース幅をぎりぎりまで使い、スピードを上げ、、
タイヤのもつグリップ以上のもので曲がって行く感覚。
たのしかったなぁ
それにアットホームな会場の雰囲気。
おいしいうどん。そして。鶏肉。
最高でした。

64520_423597174381465_639086084_n.jpg


シーズンを通して、
いろいろとあって、ほんとに楽しいと思えて走れていたのはこの3レースかなぁ。
けど、それはそのままロードシーズンにいい体調で入れたので
結果オーライで良かったと思う。
次のクロスシーズンはまた新しいことに取り組んでいきたい。
まずはもっともっと強くならなきゃですが!
今から次の冬が楽しみですね。



この冬の間もたくさんの方にお世話になり、、、
支えて頂き、、、ほんとにありがとうございました。
これからも、もっとがんばります。

写真は世界選手権、そして東京クロス、さぬきクロスのものです。
画像はFACEBOOKと、たなちゅとつじけいさんからです。
ありがとうございます。


CXNC2012-8735-1200x798.jpg


  1. 2013/05/08(水) 03:42:29|
  2. news
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

New Blog website!

ブログを開設してみました。
あれやこれやとしてみましたが、、、まだまだうまくできないですね。
かっこよくしたいんですが、精一杯してみました。
背景とか、、なんとかしたいんですが。。
ま、シンプルに。。
Facebookページというものを立ち上げていたんですが、
それがフェイスブックユーザーさんじゃなきゃ、見れないと知らず。。
申し訳ありません。

Facebookページにはちょこちょこと情報をあげていたのですが。。

あれやこれやで、
以前のホームページは去年の12月の全日本選手権で止まっていたと思います。
ざっと、今までの流れを・・・

全日本選手権前後から2013年ロードシーズンに向けた乗り込みを開始。
その流れで調子を上げ、国内の関西シクロクロスなどでシクロクロスの調整を行い、
1月末から2月にかけてアメリカへシクロクロス世界選手権に参加するために遠征。

帰国後、すぐにシクロクロス東京に参加。
自分の好調と成長できたと実感。
けど、やはり世界の壁の厚さを感じた。
シクロクロス東京の次の日は讃岐クロスに参加し、
その次の日から渡欧。
チームと合流し、すぐにスペインに移動。
1週間ちょっとのチームトレーニング合宿。
乗り込みを行い、更に調子を上げ、
ベルギーに帰国。

2月末からロードシーズン開幕。
UCIレースの連戦で、今までにない感覚。
走れていないと感じ、トレーニングを重ねた結果、オーバーワーク。
3月は走れてたけど、
4月で少しオーバーワークになり、立て直しを図る。
そして、5月。なぅ。

レースの感覚、生活のリズム、日々の過ごし方。
形になってきたと思う。
と、ざっとこんな感じです。まとめまくりで申し訳ないです。
写真はちょいちょい小出しで上げていきます。

そして、昨日はCircuit de Wallonie Bel UCI 1.2でした。
トップコンペティションなので気合い入れて走って、結果は42位。
でも、以前よりUCIレースでレースをすることができた。
展開に絡んで行ける、これは楽しい。ようやく土俵にあがれた感覚です。

395676_10200553197906845_575949750_n.jpg




写真は日本の方に頂きました!
昨日の激坂!MAX18%やったかな?違うかな?
これ、疲れてタレてるところですね。おそらくww
写真、ありがとうございます!

では、これからこのブログをよろしくお願いします。。。


竹之内 悠
  1. 2013/05/07(火) 05:17:11|
  2. news
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

てすと

ブログ開設しました。てすとなう。
  1. 2013/05/07(火) 03:06:36|
  2. news
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

竹之内悠

Author:竹之内悠
竹之内 悠

Yu Takenouchi
1988/9/1
170cm 62kg

Team
ToyoFrame

略歴
2011,2012,2013,2014,2015 Japan National Cyclocross Champion
2010 Japan National U23 MountainBike XCO Champion
2008&2009 Japan National U23 cyclocross Champion

2011,2012,2013,2014,2015 全日本シクロクロスチャンピオン
2010 全日本U23マウンテンバイククロスカントリーチャンピオン
2008,2009 全日本U23シクロクロスチャンピオン

最新記事

Sponsors

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
Race (146)
news (12)
Life (10)
Schedule (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR