FC2ブログ

YuTakenouchi/竹之内悠

This is Blog of cyclist, Japanese YuTakenouchi. Roadrace. Cyclecross.MountainBikeXCO 自転車選手、竹之内悠のBlogです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2017 ワールドカップ 第7戦 ゾルダー大会

ゾルダーは2年前に走り、
その時は激下りを下ったあとのスピードの乗った直線区間で水たまりを避けるために
コース右端ギリギリを走っていたら、右足が杭に引っ掛かり、大落車した場所。
その時に痛めた右手は治り切らず、、患部にテーピングして今でも毎レース挑んでる。
ま、その場所にまた戻ってこれたことは嬉しかった。
落車したときは日本にも何回も来日してるオーストラリア選手のギャリーとパックで走ってて、
今年もレース終盤でギャリーと一緒になった。
またこけるかな?笑)なんて思いながらも、無事にレースを終えれた。
とりあえずはよかった。
次戦はナイトレース。
今シーズン最後になるSuperPrestige Diegem です。
3年ぶりに走れる。泥レースになると思います、がんばります!!

では、ブログは東洋フレームブログより転載させてもらいます。
ブログ下部にレース映像を貼り付けますね。
序盤、ケビンパウエル選手が落車して、その彼と一緒にちらっと映ります。
その映る時のヘアピンでイタリア選手が僕の内側をバイク無理に当ててずかずかといきます。
同じことしたらブチ切れるくせに。
因縁の選手、、、ほんとここのイタリアの兄弟は手が悪い。きらい。ねじ伏せたい。


C9D9B77C-BD62-40AD-9A7E-08FA437ED5C7.jpeg

いつものことだけれど、とても慌ただしい時間を日本で過ごし、ベルギーに戻ってきた。

ベルギーに渡って5日後がシーズン後半の欧州遠征の初戦、ワールドカップ第7戦ゾルダー大会。渡欧後、今大会までは比較的のんびりと過ごさせてもらった。

AF5C9AC9-494A-4E30-9A4F-C151BD51104C.jpeg

レース前日の午前中までは雨が降り続いていたので、レース前日のコースのコンディションはマッドを想像したけれど、予想と反してほぼドライでコースのスピードの乗りが非常によく、まさにスピードコースと言えた。試走は無理せず、30分ほどで速やかに終え、体力を翌日に残しておくようにした。この日の調子は非常によく、ケイデンスは理想通りだった。

レース当日、この日も明け方から3時間ほど雨が降り続いた。レース直前の試走では、コース上の雨の影響は感じらなかったけれど、多くのカテゴリーがレースを終えたのでコースの轍が深くなり、コースの印象が変わっていた。前日の試走でハイスピードレースになると想像できたので、リムハイトの高いF4Dで試走を始めたけれど、急な上り返し等での失速が目立ったため、F3Dでスタートすることにした。前日より体がとても重く、スタートから先行きが不安だった。

この日は60人超のエントリー、そして、僕はほぼ最後尾列でスタートラインに並んだ。スタート後の混乱に巻き込まれないことを祈り、スタート。Zolderのスタートはスピードが乗る。

zolder.jpg
WB Cyclocross Zolder – Een reportage van crossers die alles opgeven om hier hun hobby te beoefenen – (c) MP Productions – Mats Palinckx – www.mp-productions.be

スタート後、ホームストレートではかなり比較的に良い位置までスルスルと上がっていくことに成功。スピードコースなので今の僕には序盤の位置取りは肝心だった。しかし、1コーナーのアウト側の落車でストップせざるを終えなくなり、続く2コーナーでもイン側で起きた落車のあおりで大きくアウトに膨らみ、ピットの入り口でも少し後退せざるを終えなく、結局、元のスタート位置付近で落ち着いた。そこから、スウェーデンの選手やイタリアの選手を軸にパックを形成してレースを進めたかったけれど、1周目後半から失速し始め、目標のパックから遅れる。3周目に入るまではペースを持ち直せなかった。しかし、そこからペースを持ち直し、ペースを上げていった。下の写真、後ろのほうに僕がチラリ。

zolder2.jpg
WB Cyclocross Zolder – Een reportage van crossers die alles opgeven om hier hun hobby te beoefenen – (c) MP Productions – Mats Palinckx – www.mp-productions.be

パックでレースを展開したかったけれど、ほとんど一人、または僕の後ろに選手が一人くっついている状況だった。長いホームストレートで他選手の後ろで休む作戦をするつもりでスタートしたけれど、結局誰の後ろにもつかず、ずっと前で頑張れた。ペースこそ遅かったかもしれないけれど、しっかりとペースを保ち、終盤にはペースを上げていけたのはよかった。

9E115C4E-BD32-4802-ABCF-B1B363A905D4.jpeg

F466C654-77AC-42F6-8AE2-EF08076AF2DC.jpeg

しかし、トップ選手が近づいてきているのはわかっていたし、早々に80%で切られる覚悟もできてていた。

53位、マイナス4周。40分でレースを下ろされた。

zolder1.jpg
WB Cyclocross Zolder – Een reportage van crossers die alles opgeven om hier hun hobby te beoefenen – (c) MP Productions – Mats Palinckx – www.mp-productions.be

スピード区間でしっかりとバイクをスピードにのせれたのはよかったし、レース後半は自信を持って走ることができていた。そしてリザルトを見る限り、45位前後で走れる力はあるし、今の僕でも可能な位置。またトライする。悪くない、がんばる。

次戦は12月30日、スーパープレスティージュ ディーヘム。今季参加できる最後のスーパープレスティージュだから頑張りたい。(SuprePrestige Diegem)

zolder3.jpg
WB Cyclocross Zolder – Een reportage van crossers die alles opgeven om hier hun hobby te beoefenen – (c) MP Productions – Mats Palinckx – www.mp-productions.be


テレビ中継映像はこちらからどうぞ。





スポンサーサイト
  1. 2017/12/30(土) 17:56:39|
  2. Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017 スーパープレスティージュ第6戦 ディーゲム | ホーム | 2017-2018 シーズン後半シクロクロスレーススケジュール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yutakenouchi.blog.fc2.com/tb.php/203-50ea2ceb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹之内悠

Author:竹之内悠
竹之内 悠

Yu Takenouchi
1988/9/1
170cm 62kg

Team
ToyoFrame

略歴
2011,2012,2013,2014,2015 Japan National Cyclocross Champion
2010 Japan National U23 MountainBike XCO Champion
2008&2009 Japan National U23 cyclocross Champion

2011,2012,2013,2014,2015 全日本シクロクロスチャンピオン
2010 全日本U23マウンテンバイククロスカントリーチャンピオン
2008,2009 全日本U23シクロクロスチャンピオン

最新記事

Sponsors

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
Race (175)
news (13)
Life (10)
Schedule (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。