YuTakenouchi/竹之内悠

This is Blog of cyclist, Japanese YuTakenouchi. Roadrace. Cyclecross.MountainBikeXCO 自転車選手、竹之内悠のBlogです。

CoupeDeJapon MTB XCO #Takashima

今季3レース目。
毎レースに発見があり、反省があり、
それを修正していくと同時にパフォーマンスに繋げようと
なんだかんだやっています。

今回のレースはもっと走れると思ってスタートしたし、
トレーニングの状況もそこまで悪くはなかった。
けど、スタートと同時に周りに比べ遅い自分がいて、不調だとわかった。

20170509141619af6.jpg

さて、前日の試走のタイミングでは、大きなトラブルもなく、
僕はコースに慣れるために、試走を重ねる。
去年もそうだったけど、今年も1時間半ほど走らないと気が済まない。
翌日にレースを控えた状態なら1時間以内のライド時間で収めないと、
体力的には明らかにオーバーワーク。
でも、どこか気が済まない。
難しいセクションやパートごとに止まってトレーニングってのもありだし、
何度かはするけど、コースを一周の流れとして捉えたいから、
どうしても何周もしたくなる。クロスの癖かな。
もう少し効率的にするようにしようと毎レース思うけど、
気が済まないからずっと走る。
ま、今はいいか。

前日の試走を今回は気持ちよく終えれた。

20170509141621e40.jpg

さて、レース当日。
天候は前日と変わらず晴れで雨は降らず、ドライ。

タイヤはDugastで1.5Bar。
予備はIRCタイヤのG-clowで1.5Bar。

ウォームアップなどを済ませ、スタート。
スタートして初めの一漕ぎ目でヤバイと感じた。
進まない。とにかく一周目を回るけど、
とにかく遅い。
脚を回せず、踏んでばかり。
どうにもこうにもならない。
登坂セクションが長いコースなだけに、ごまかせない。
登りの遅さをカバーするために、下りはできるだけ攻めてアドバンテージを作るようにする。
でも、雑になりすぎて、レースの半分を過ぎたあたりでリアタイヤをパンクさせてしまう。
パンクしたタイミングで走ってた順位は14番ほど?
勝負に絡めない位置だったので、リアホイルのみ交換して前後のタイヤが違う種類で走らず、
時間はかかるけど、スタッフに頼んで前後ともIRCタイヤ付きホイールにチェンジ。

20170509141621188.jpg

チューブレスになり、良くも悪くも雑に走ってもいいという安心感があり、
そこからは少しペースが復活。
って言っても、走れてない状況は最後まで変わらず、
13位でゴール。

2017050914162440d.jpg

なんだか空振りなレースをした。
カラダが調子悪いと、
バイクの調子も悪く、パンク以外にもフロントメカのご機嫌も斜めで
その他にも少しトラブルを抱えつつ走り、
終始なんだかなーと思いつつ走ってました。

20170509141623e22.jpg

まぁ、トラブルもUCIレースでないレースで起きてくれてよかったし、対策もできる。
カラダの調子もトレーニングとその回復具合をしっかり見極めないとと思った。
反省点盛り沢山で得るものがあったレースでした。

20170509142122547.jpg

でも、応援して頂いてた皆さんにはなんとも申し訳ないレースをしてしまいました。
応援ありがとうございました。。。

次回はもっと速いので、、お楽しみに!
では!



  1. 2017/05/09(火) 14:24:37|
  2. Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Yawatahama International Mountainbike race UCI1

4/23は八幡浜国際マウンテンバイクレースUCI1クラス
兼 アジアマウンテンバイクシリーズ第1戦でした。

UCI1クラスのレース、八幡浜市、すごいです。

さて、僕は金曜日夜に現地入りし、
土曜日は試走。
日曜日がレース。

20170424113524257.jpg

大きなトラブルもなく、土曜日の試走を開始。
2週間前の菖蒲谷のレース後、
疲労やなんだかんだがあり、いい形でのトレーニングを積めておらず、
更にはポジションの変更、バイクの仕様変更行い、
いつもの如く、ほぼぶっつけ本番。いつもの流れ。
って言っても、ある程度の予想と流れは把握しているのであとは自分次第。
バイクを思い通りに動かせるか。
動かせないなら、バイクに変更を加えるのか、自分に変更を加えるのか。
どちらが速いか、どちらが今は遅くてもこれから慣れれば速くなる見込みがあるのか。

20170424113340627.jpg

サスペンションも色々あったけど
ブースト規格の2017モデルを使用させていただき、セッティングの最終調整。
サグを出せば、あとのダンパーやリバウンドは自ずと決まる。

メカのたくちゃんと、あーだこーだ言いつつ試走を繰り返し、煮詰めていく。
決められた試走時間の13時から16時までフルで試走と調整を繰り返した。
最終的にあまり納得のいくカタチに出来ず、悶々とした不安な気持ちのまま日曜日を迎える。

20170424113948c91.jpg

さて、日曜日。相変わらずいい天気でドライ。
前日の試走のフィーリングもあるけど、
シンプルに出直し、セッティングも各部標準に、体に素直に感じたところに戻す。
試走の段階ではあまり良い感触を得れなかったチューブラータイヤも
使用するか迷ったけど、Dugastのチューブラーで1.5bar。
ジタバタせず、、ある意味開き直ってレーススタート。
レースはコースを6周。

201704241133593b0.jpg

スタートはいい形で決まるも
シングルトラックに入る段階で飲み込まれ、
7位ほどでレースを進める。
焦らず焦らず。
1周目、2周目と進み、トップグループの4人の後ろを5位グループとして中原選手と走る。
10秒前後の差が詰まり切らない。
ペースを上げて追いつくも、登坂で差を開けられる。
その繰り返し。

20170424113951745.jpg

登坂力の無さは自分が十分承知しているので、
そこの部分以外で差を埋めるにもどうにもこうにも差が詰まり切らない。

20170424113456097.jpg

ラスト2周?で僕は単独5位になりつつあるところで
トップグループの1人がバイクトラブルで遅れる。
単独4位。

20170424113950860.jpg

ラスト1周で、後続から追いついてきた選手に抜かれ、5位。
でも、そのあと、またトップグループの1人がメカトラで4位。

なんとかその位置のままゴール。
全体で4位。
男子エリートでは3位。トップとは1分半差。
ノートラブルで最後まで丁寧に走れて満足。
かなりリム打ちしてたし、そこらへんのマネージメントには気を使った。

20170424113951e3d.jpg

マウンテンバイクでの表彰台。
それもUCI1クラス。嬉しい。
全体で4位やったけど、1位の選手がU-23クラスなので、
男子エリートクラスでは3位。
なんだかなぁですけど、ま、表彰台に上がれてそこは素直に喜ばないとね。

2017042411454332e.jpg
表彰式後のお餅、おかし撒き大会?

でも、まぁ全体の走りとしては自分自身で物足りない。
見てもらっていた皆さんが感じられたように、どこかまだのんびりしてます。
今回でまた感じた点も色々とあったし、もっと走れるのは確か。
修正してもっと思い切って走れるようにならねば。
雑にはならずもっと丁寧に。
ガシガシと踏んでいけるように、回していけるように、またトレーニング頑張ります。
もう少し、登れないとね。。がんばるべ。

ま、まだ4月。これからもっと調子を上げていく。

20170424115042268.jpg

会場ではたくさんの方に声をかけていただき、応援していただき、
そして、東洋フレームのブースにお越しいただき、どうもありがとうございました。

何人かの方には僕のレースで使用したバイクをそのまま試乗して頂きました。
竹之内はスチールフレームでなんで走ってるんやというご興味を特別にもっておられそうな方に
特別に僕からお声掛けして乗ってもらいました。
乗られた皆さん、見た目とのギャップからか、バイクの性能にすごく驚かれてましたが、
僕のバイク、もちろんレースバイクです。
スチールフレームですけど、これ、東洋フレームですよ。ここポイント。

20170424115500925.jpg

次のレースはCJ-1マウンテンバイクレース。
5/5に滋賀県朽木でレースです。

では。



  1. 2017/04/24(月) 11:56:52|
  2. Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Shoubudani CJ2

レポート、遅くなりました。
4月9日はマウンテンバイクレース、2017年初戦でした。

シクロクロスのシーズン後、昨シーズンの経験を活かし、トレーニングを重ねてきた。
それほどいい形まで仕上がってもいないけど、レースを行うには足りる気合いはあった。

今年からは東洋チームとして本格的にテントも出し、
ワークスらしい雰囲気に。
シクロクロスシーズンでも一緒にやっていたメカニックのたくちゃんも前日の試走から
付き合ってくれ、至れり尽くせりな気分。
でも、そうなるとそうなったでバイクの不具合や天候の急変、色々とあった。
去年は1人で参戦する機会が多く、そこまでのバイクに対するトラブルや天候の急変も無かっただけに、
体制が変われば、その体制なりの物事の運びになるんだなとしみじみ。

ま、なにはともあれ、、
レース前日の土曜日、試走。
何回も転け、全くバイクに乗れていなかった。
IRCさんのタイヤを、たくちゃんに頼んで贅沢にも三種類試し、自分の中の引き出しを増やす。

20170420183652950.jpg

レース当日、前日に午後から降り続いた雨でコースコンディションが大きく変わる。
当日のレース直前のコース試走はできなかったのでコースウォッチ、コースウォークを繰り返し、
路面状況を確認。コースの見えないところはあくまでも陽のあたり方などを思い出し、想像で。
IRCタイヤのSTINGO(泥用タイヤ)に履き替え、空気圧は1.3〜1.4Bar。

レース、スタート。
約4キロのコースを5周。

2017042018365377f.jpg

僕は2列目スタート。
スタート時、前の選手がペダルキャッチミスして、その煽りでロケットスタート決まらず。
それに引き続き、スタート直後の登りが路面が泥でツルツルで乗れない選手にも巻き込まれ、のんびりスタート。
7〜8番手ほどで1周目を終える。
焦らず、そっからボチボチと走り続け、3周終了時で3位。残り2周。
気温も湿度も高く、ウェアは前のファスナー全開。
前のファスナー開けてるし 、ロゴ見えないなぁと思いつつ、、、暑さには耐えれない。

2017042018382931c.jpg

ラスト2周はタレてしまって、4位でゴール。

去年と走り方を変えてみたけど 、そこの情報を今回のレースで得れた。
各スタッフとの連携も今シーズン初めての組み合わせのメンツでどこまで出来るかなと思ったけど、
とりあえず形にはなったかなと思う。
チームは自分で作るもの。
国が変わっても同じ、日本でもベルギーでも。

2017042018365285c.jpg

今シーズンのチーム東洋、引き続き応援よろしくお願いします。
今週末は八幡浜市で開かれるマウンテンバイクレース、UCI1クラスに参加します。
今回の菖蒲谷のレースよりかはいい走りができるでしょう。

20170420183655cac.jpg

八幡浜の会場では、東洋フレームの試乗車を何台か準備させていただく予定です。
会場に来られる方、おたのしみに。

では :)



  1. 2017/04/20(木) 18:42:38|
  2. Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017 NishiNihon challenge cycle road race

前回の投稿より、
約2週間、トレーニングを開始してます。
と言っても、休んでる間もなにかしらのトレーニングは続けてたので
自転車の上でのトレーニングを再開して2週間、という意味。

レースするにはまだまだ早い状態だったけど、
このレースに参加しなくちゃいけなかった。
今年のロードレース全日本選手権への参加資格がなく、
西日本チャレンジサイクルロードレースの上位15位に入れば
参加資格がもらえるということで、では、参加資格をとりにいくべ、
と、大会への参加を決めました。

と言っても、みなさん、ロードシーズンに向けトレーニングに励まれ、
僕はまだまだのんびり状態。
今の状態で真っ向勝負しても負けるし、
いかに上位15位に滑り込むか、とだけ考えてレーススタート。

20170313172346acc.jpg

dugastのチューブラー、サイズは25mm、空気圧は5Bar。

コースは6年ぶり。
あぁ、こんなんだったなーと思いつつスタート。

今回はシマノレーシングさんが来られていて、
どんなレース展開にするのか伺いながら走った。

1周目 、やっぱり、どんぱちとアタックを掛け合うのでちょっとだけ参加。
シマノさんのアタックにジョインしてシマノさん三人と僕でちょっと逃げる。
一番きつい登りのとこですぐメイン集団に追いつかれるのだけど、
僕ちんもうダメ。あーきつ。そりゃ今の状態の僕ならそうなるよね。と、レース中に反省。
考え甘かったなーと集団後方でひらひらと反省。

20170313172348ec2.jpg

さて、観察していると、シマノレーシングさんはエースとかは
決めずにどんぱちとアタックを打つ。
基本、10秒ちょっとぐらいの逃げなら一番きつい登坂セクションで吸収されること。
あとはコースのリズムを思い出し、集団の流れを理解。

カッコつけず、15位以内に入ることが今日の目的であることを再確認。
アタックもせず、我慢。流れに乗る戦法で。
1年を通して、この時期はまだそんなに追い込みたくない。
気持ち的に。少し余裕を持って。ね。

20170313172348237.jpg

さて、5人ほどの逃げはほっとく、10人に近くなると15位以内が危うくなるのでチェック。
後手に回って確実に。

先に逃げても脚を使い過ぎて、ゴール勝負で埋もれて15位以下なんてリスクもある。
なんせ、シマノレーシングさんの動きが読めない。
やし、とにかく、確実に。

ラスト3周ぐらいでブリッジかける。
ま、すぐメイン集団も追いつく。
ラスト1周、逃げる選手達の人数を計算して、ちょうどいい感じ。
メイン集団のスプリントも集団の頭をとるために
ロングスプリント仕掛けたかったけど我慢。
頭が勝つことを自動計算するのをシャットアウト。

201703131723492f5.jpg

ちょーどいい
ちょーどいい感じで周りを確認しながらスプリント。
そして、ゴール。
お、完璧な流れ、と思ってガッツポーズ。
目標達成。
10位。うん、上出来。
15位以内全日本選手権の出場権ゲット。よかった。

ロード全日本選手権に出ます!

20170313172844034.jpg

レース後、なんと、表彰式に呼ばれ、
にしき堂さんの、「生もみじ」を賞品に頂き、
10位やのに表彰台に上らせてもらい、
得した気分になりました。

201703131728467c2.jpg

告知させて頂くような走りもする予定ではなく、
こっそり出場させてもらってたのですが、
僕に気づいてくださったのか、
声援をかけてくださった方がちらほらおられました。
どうもありがとうございました。
また次回、イケイケでレースできるように頑張ります。

今週からマウンテンバイクに乗っていきます。
では。




  1. 2017/03/13(月) 17:31:53|
  2. Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016-2017 Cyclocross season

シクロクロス東京から2週間が経とうとしている、
シクロクロス東京で僕の2016-2017シクロクロスシーズンは終了だった。

今シーズンを振り返ってというお題でブログを書く。
節目節目は大切に。

20170223122943116.jpg

まず、2015-2016シーズンでは右脚のハムストリングの肉離れ、
右手の指ほぼ全関節の骨挫傷及び靭帯損傷。
2016-2017シーズンに迎えるにあたって怪我の治療とカラダの強化が必要だった。
2016年の夏はマウンテンバイクに参戦させてもらいながら、
手の怪我の完治とハムストリングの強化、カラダ各部位の根本的な部分から作り直した。
その際にSPEDSジムへは上半身のメニューで週2日、下半身のメニューでも週2日、
1週間で4回もお邪魔させてもらっていた、そのおかげでシーズンを迎えるにあたって不安はなかった。

201702231233081d4.jpg

しかし、右手だけはもう治りきらず、毎レーステーピングでガチガチに固め、
関節部の振動を抑えてあげる必要があった。
去年の怪我後に比べそんな不自由は、手が動き使えるだけマシ。

20170223122945bbb.jpg

2016-2017シクロクロスシーズンは10月2日のスーパープレステージGietsenからシーズンイン。
今シーズンはスーパープレステージシリーズ戦と全戦契約。
ゼッケンに日の丸とYuTakenouchiの文字があり、勘違いはしてはいけない、
けど、自信にはしていこうと強く思った。
Gietsenは渡欧後すぐのレースで、カラダに無理をかけない程度に走り、
まぁ45分ほどでレースを切られたと思う。

20170223131701aa7.jpg

その後、週一以上のペースで10月はレースをこなしていく。
バイクポジション等も各レース実戦で試行錯誤し、
東洋フレームのハイブリッドフレームになってから3年目、初めてこのフレームを扱えているという感覚を得ていた。

2017022312294759a.jpg

Gietsen後のMeulebeke C2でマチューがいる中、フルラップのリザルトを残す。

201702231236555bf.jpg

渡欧後4戦目のスーパープレステージZonhovenでは
レースを切られたけど、52分間レースができた。マイナス3周だったけど、
感覚としては悪くない。世界とのトップの差は広がっているとも感じたけど、
自分の進む方向は合っているとも感じた走りができた。自信がつく。
このコースで去年までは40分前半くらいしか走れなかったしね。

201702231236563a4.jpg

6戦目のワールドカップValkenburgでもレースを切られたが50分ちょっとはレースを出来ていたし、
パックを形成する選手が去年より少し前の選手と走れていた。
悪くない。

20170223123656d32.jpg

その2日後のオランダのナイトレース、Nacht van Woerden C2では過去最高のリザルトを残し、
世界の2トップ、マチューとウォウトがいないにしても、
走りもよく、自信がついた。もちろんフルラップの20位、優勝したLarsまで3分半。
いい感じ。

20170223124214e13.jpg

そしてナイトレースから1週間後、渡欧後8戦目、コッペンベルグクロス C1。
ウォウトから7分遅れの27位。ギリギリでフルラップ。
高速化しているレースでコッペンベルグを駆け下りる、
カンチブレーキで制動力足りないし下ハン握って下り、また一気に登る。
それの繰り返し。
ゴール後、全身の力が抜け、寒気がカラダを襲う。やばいやばい。
カラダが疲労しきっていたのだと思う。

そして、去年はこのレース後にトレーニングを無理して肉離れを起こした。
やはり、このレースはカラダへの負荷が想像をもう一歩先をいっていくのだとおもう。
今年は気をつけていたけど、レース2日後のロングトレーニング中に左脚に違和感。
内心、マジで??。。
同じ失敗は避けたい。
過去に怪我をしていた部位なだけに、不安が募った。

2017022312520597f.jpg

9戦目、スーパープレステージRuddervoorde。
どうにもこうにも力が入らない。
それでも、50分ちょいはレースをする。

20161115190732924.jpg

10戦目、スーパープレステージGavere。
このレースまでのトレーニング中に左脚のバランス、疲労がとてつもなく、
トレーニングを休みがちに。
レースは散々で40分で終える。クタクタ、とにかくクタクタ。

11戦目、ワールドカップコクサイデ。
十分に疲労を取るように意識、それでもカラダは本調子にはならなかったけど、
レース当日はすごい集中していて、
ランジットも今日の悠は走れると感じてくれていた。
僕も同じだった。だけど、レースは強風のため中止。
その瞬間、全身の力が抜け、無気力になった。
翌日、帰国予定だったので帰国の準備を進めるが
例年に比べてカラダが重く準備が進まなかった。
ポテトチップスとビールで気を紛らわしたけど、
内臓疲労で何を食べても胃が痛く、頭も回らず、気を紛らわしても、
帰国準備をしないことには帰れないわけで。なんとか準備をして帰国。

20170223124212592.jpg

帰国後の一番の宿題は
ディスクブレーキバイク投入予定だったので、それを乗り、結果を出すこと。
全日本選手権のタイトルをもう一度得ること。
皆さんはそんなタイミングでとお思いになられるかと思うけど、
シーズン前半で明らかにカンチブレーキは時代遅れのものになっていると感じた。
シーズン後半の12月からはディスクブレーキが必ず必要だと東洋フレームへ伝え、
予々進めていたディスクブレーキ仕様シクロクロスバイクの完成を急いでもらった。

20161205171312c95.jpg

帰国後翌日にはバイクの組み替えに立ち会い、2日目にディスクバイクをシェイクダウン。
3日目は野辺山へ移動。
4日目、レース。
野辺山C2 Day1。
やはり免疫が下がっていたのか、低体温症になり、結果は散々。
低体温症になる前からも走りはキレがなく、ボロボロ。
チーム東洋フレームとして、日本で支えてくれる各スタッフ、各スポンサー様に対して、
海外で走り、日本でも結果を出せないことに申し訳なかった。
Day2。
主催者様には大変申し訳なかったけど、2周目でレースを降りた。
カラダが言うことをきかない。

その後1週間、頭を切り替え、トレーニングに励む。
でもこの時にディスクブレーキだからという頭の考え、
過去の走り、今年の走りの一部分にもとらわれ、
どこのレベルの走りを目指していたのか。
そこを見失っていた。

201612051938489d1.jpg

全日本選手権1週間前の関西クロス。
調子良いながらもどこか走れてない。

20170223131909270.jpg

全日本選手権。ぼろ負け。4位。
全日本タイトル失う。

ベルギーへ帰国するもビザの問題で入国できず、
とりあえず日本へトンボ帰り。

ベルギー再入国へ向けて、各関係機関へ協力をお願いする。
その間、世界選手権だけはでれるかもしれなかったので、とりあえずトレーニングを続ける。
コッペンベルグ後に少し傷めた左脚の強化も始める。

ヨーロッパのレースと契約していたのにヨーロッパへ渡れずレースが出れなかったので
ヨーロッパの主催者のみなさんに対し、申し訳なく、
日本の各レースへは出る気にはなれなかった。

20170223132025bd0.jpg

世界選手権2週間前、世界選手権へ向けたカラダづくりのため関西シクロクロスへ参加。
この時にやはりディスクブレーキバイクだからという考えを払拭しないといけないと思った。

世界選手権へは出れず。
ナショナルチームが心配で、現地スタッフとも連絡を密にし、
僕がいないことでチーム全体に迷惑がかからないようにはさせてもらった。

20170206131306108.jpg

関西シクロクロス桂川大会に参加。
いまいちな走り。

201702231259358d2.jpg

シクロクロス東京へ向けてトレーニングをするも、正直やる気起こらず。
やることはしていたけど、今度はランのトレーニング中に右足アキレス腱を損傷。
シクロクロス東京レース前日に痛みが増し、階段も右足は蹴ってあがれない。
右足はぴょこぴょことヒヨコ歩き。
カワイイからいいか。っていやいや、こりゃどうしたものかと大慌て。
とりあえず痛み止め飲んで。ペダリング時はオーケー。
ランはレースになればどうにかなるでしょ。
そして、レース前日はビールを嗜み、気分を上げて誤魔化し、レッツゴー。
スタートから決まってレースは滞りなく進み、まぁ丸く収めてレース終わり。
シーズン終了。

レース翌日、右足のアキレス腱、パンパンに腫れる。ギシギシ。。。
断裂してないし良かったけど、
そりゃそうなるよね。
2週間のオフシーズン。
スノーボードに行ったり、あっちやこっちや行きたかったのに、
脚が痛くて歩けないので寝たきり。引きこもり。笑

でも、そろそろ人間らしく気を遣わずに二足歩行で歩けるようになったけど、
既にオフは終わりかけ。
ま、常に闘い。休みなんて生ぬるいこと期待した自分が悪い。ってことで。

シーズンを終え、やはり11月が鬼門。
疲労が溜まり出し、勢いだけではどうにもいかない。
結果が出る時、それは同時にカラダへの負荷が想像より大きいこと。
摂取するタンパク質量、内臓を含めたカラダへのケア、そして、トレーニング量の正確な見極めと休息日のとり方。
調子に乗ってたというより、まぁやらなきゃいけないならやるっていう考えが先行し過ぎた。

何を目指しているのか。
それだけ。目先の事象に惑わされすぎる。何回頭打てばいいのか。
しゃきっとしなければ。

終わってみれば、今年はここ数年で一番成功したシーズンだったと思う。
悪くはなかった。

20170223130739f98.jpg
ランジットファミリーとYuTakenouchiサポーターズクラブのみんな。

自分の中で葛藤があったけど、
来季もこれまで通り、
ベルギーを拠点としたヨーロッパでのレース活動を続けようと思った。
目先に囚われると今までやってきたことに意味がなくなる。
もっと活動を意味あるものにしていく。
いくらカラダがボロボロになっても、やっていく。
それぞれのステップを見据えて、これまで通りやる。

201702231355047c7.jpg
ランジットのトラック。YuTakenouchiの活動に賛同をしてくれるベルギーの各スポンサー様にトラックの維持管理費、ガソリン代など、トラックの運営維持管理費をお世話になっている、それらはランジットファミリーがコーディネートしてくれている。


ベルギーではあたたかいファンに包んでもらい、
世界レベルで物事を進めれる第一線に拠点を置け、
日本ではそれを支え、共に闘ってくれるチームがある。

やるしかないでしょ。

来季もよろしくです。
では。

20170223130348679.jpg
チーム 東洋フレーム 東京シクロクロス後

20170223132401fa4.jpg
チーム 東洋フレーム 全日本選手権後


  1. 2017/02/23(木) 12:50:01|
  2. Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

竹之内悠

Author:竹之内悠
竹之内 悠

Yu Takenouchi
1988/9/1
170cm 62kg

Team
ToyoFrame

略歴
2011,2012,2013,2014,2015 Japan National Cyclocross Champion
2010 Japan National U23 MountainBike XCO Champion
2008&2009 Japan National U23 cyclocross Champion

2011,2012,2013,2014,2015 全日本シクロクロスチャンピオン
2010 全日本U23マウンテンバイククロスカントリーチャンピオン
2008,2009 全日本U23シクロクロスチャンピオン

最新記事

Sponsors

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
Race (148)
news (12)
Life (10)
Schedule (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR